炭水化物抜きダイエットのデメリットとは?効果的なのは夜?

e32139af27ce033c131272fc25ac3583_s - image

炭水化物は太る!ダイエットの敵!

こういうふうに考えている人は

未だに多くいることと思います。

 

実際に、炭水化物抜きダイエット、

いわゆる「糖質制限ダイエット」で

劇的に痩せたという実例が

テレビや雑誌なんかでも多く取り上げられているので、

 

「炭水化物抜くだけでこんなに痩せる?」

とみなさんこぞって挑戦している方が多いようです。

 

しかしこの炭水化物抜きダイエットには

 

思わぬ恐ろしいデメリットがあるんです・・・


炭水化物抜きダイエットは痩せ効果抜群?

まず、デメリットに入る前に、

炭水化物抜きダイエットの効果について

調べてみたんですが、

 

結論から言うと、このダイエットは

かなり効果があるようです。

 

以前「今夜くらべてみました」の番組で

 

チュートリアルの徳井義実さん(38)が

 

肉体改造にチャレンジということで、

 

炭水化物一切NG、ササミなど筋肉にいいとされる

高タンパク低カロリーのものだけを食べ、

ジムトレーニングに、毎日1時間以上の

有酸素運動という、非常に過酷なダイエットに挑戦されました。

 

しかし、その結果2ヶ月で75.8㌔→65㌔

 

ー10.8㌔の減量に成功し、

 

見た目も見事に引き締まった体を手に入れたのです。

 

徳井さんの場合は筋トレや有酸素運動に加え、

 

高タンパク低カロリーのものや野菜など、

決められたものしか食べられないという

非常に辛いダイエット法ですが、

 

ここまで過酷にしなくても炭水化物を抜くだけで

痩せることは可能です。

 

個人差はありますが、1ヶ月で3~5㌔くらいが

平均しているようです。

 

しかもこの炭水化物抜きダイエットは

炭水化物以外の脂質やタンパク質は

好きなものを食べていいという

非常に魅力的な部分があります。

 

ご飯を抜いた分、お肉やチーズをたくさん食べる・・・

こうなればダイエットにつきものの

 

空腹のストレスはなくなりますね。

 

肉をたっぷり食べて痩せる

ダイエット法もあります↓

肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50キロ痩せた?

 

 

ご飯を抜くのは辛いけど、

その分お肉が食べられるなら

続けられそうですよね。

 

しかも体重は減っていく・・・

 

しかし、実はこの炭水化物を抜くということは

 

人間の体にとって非常に危険も伴うということを

 

知っておかなければなりません。

 

炭水化物抜きダイエットのデメリットとは?痩せるけど病気になる?

097573 - image
炭水化物を抜くと、単純に体重は減っていきます。

 

しかし、体内はどんどん必要な栄養素が失われ、

 

不健康な状態と変わっていきます。

 

 

 

デメリット1 病気の危険性が高くなる

 

ご飯を食べない分、お肉などのおかず類ばかりを

食べるようになると、当然のことながら

脂質、塩分、タンパク質を過剰に摂取することになります。

 

体重は減っても体脂肪率は上昇し、逆に隠れ肥満状態に・・。

また、腎不全、高脂血症、心筋梗塞、脳卒中など、

様々な病気にかかる確率が高まります。

 

そして意外なことにご飯を食べなくなると、

骨粗しょう症にもなりやすいそうです。

 

骨粗しょう症は圧倒的に女性が多くかかる病気なので

特に高齢の方は注意が必要。

 

ちょっとした衝撃で簡単に骨が折れてしまい、

一生寝たきりになった人もいるという実例もあるのです。

 

 

デメリット2 集中力の低下

炭水化物を抜くことで、脳の栄養素である

ブドウ糖が不足してしまい、

これによって集中力が低下し、

仕事や勉強に身が入らなくなってしまいます。

やる気が起きない、常にイライラ状態では、

日常生活全体に支障が出てきてしまいます。

 

これによってストレスが溜まり

ドカ食いも引き起こす原因になります。

 

関連記事↓

お腹が空いていないのに食べてしまう原因は脳疲労にあった?

食べ過ぎたとき体重を元に戻すには?翌日の食事は何を食べればいいの?

ドカ食いして1日で体重1.5キロ増!でも4日で元通りに戻った!

ダイエットストレスでドカ食いを防ぐための対策法!

ストレス食いどうすれば止められる?みんなの体験談!

ドカ食いして体重が減る人と増える人の違いとは?

 

デメリット3 美容に悪影響

 

内臓機能が衰えて、便秘になったり、

疲れやすくなったりしてきます。

 

関連記事↓

ヨーグルトや牛乳はダイエットには逆効果?便秘や下痢の原因に?

ヨーグルトを食べても便秘が治らない理由とは?

野菜をたっぷり食べても便秘が治らない理由。

便秘を放置しておくと危険!腸が老化して太る・不妊にも?

便秘解消に効果絶大?その意外な方法とは?

便秘が治らない6つの原因と便秘解消する6つの方法!

昆布水はデトックス効果抜群!便秘解消で肌がツルツルに!

 

便秘になるということは、

腸の動きが悪くなっているということで、

 

肌荒れや老化のスピードが加速するばかりでなく、

おならや口臭のにおいもきつくなっていきます。

 

痩せたのに急激に老ける原因とは?老けないための方法とは?

 

 

デメリット4 太りやすい体になる

体重は減っても、引き締まったメリハリボディは

手に入れることはできません。

 

そればかりか、栄養不足により代謝が低下しているため、

ちょっと食べただけでも太るという

太りやすい体になってしまうのです。

 

関連記事↓

痩せやすい体を作るための11の方法!太らない人はこれができている!

何やっても痩せられない人たちの特徴をまとめてみた。

太る人と太らない人の特徴を比較してみた!

好きなものを好きなだけ食べて太らない人と太る人の違い

たくさん食べても太らない人の生活習慣ってどんなの?

自分の1日の太らない摂取カロリーを知る方法とは?

 

 

 

以上、主なデメリットを4つあげてみましたが、

これらを知ってどうでしょうか?

おそらく単純に炭水化物抜きダイエットに

挑戦するという気にはなれなくなったと思います。

 

しかし、うまく実践すれば、健康的に効率よく

痩せることが可能です。

そのポイントを紹介していきます。

 



 

炭水化物抜きダイエットに効果的なのは夜?

 

107245 - image
上記では炭水化物抜きダイエットは

危険だということを書きましたが、

実は夜だけ抜くという方法なら、

うまく痩せることが可能なんです。

 

でも中には逆効果の人も↓

夜抜きダイエットは痩せない?逆に太るという事実。

 

まず、炭水化物は全く摂らないのは危険ということ。

 

でも食べ過ぎてもやはり太ります。

 

ではどうすればいいのか?

 

それは量を制限するということです。

 

ご飯茶わん1杯の量はおよそ150g

これを1日2杯(300g)は

最低摂る必要があります。

 

それはご飯150gには

50g前後の糖質が含まれていて

糖質は1日最低でも100g

必要とされているのです。

 

参考記事↓

 お米は一日の摂取量を守れば太らない?自分に合った適量を知ろう!

 

この量が体内の動きを低下させないための

必要最低限量ということですね。

 

つまりそのためには1日300gの炭水化物は

摂った方がいいということです。

 

 

そして夜を抜く理由については、

夜は最も脂肪が蓄積されやすいということと、

睡眠するので脳を使わないということがあげられます。

 

つまり最も脂肪が蓄積されやすい夜に

炭水化物を抜くことで体重増加を防ぐことができ、

夕食後は寝るだけなので、糖質オフにしても

支障はないということです。

 

逆に活動時間である朝、昼に抜くと

やる気が起きなかったり、

空腹でドカ食いする危険があるので、

朝、昼はしっかり食べ、

夜は抜くというスタイルが最適でしょう。

 

その他糖質関連記事↓↓

お米食べるダイエットで2週間でー4㎏も痩せる?その理由とは?

お米を1日2合食べて10日でウエストー5㎝?その方法とは?

糖質制限ダイエットで逆に太った!この原因とは?

糖質制限ダイエットの正しい方法!効果的なのに楽に痩せる理由とは?

 お米は一日の摂取量を守れば太らない?自分に合った適量を知ろう!

 

炭水化物の量を減らしても満腹感を得られる方法とは?

 

著者の感想

 

実はこの方法は私も試したことがあります。

ご飯大好きなので、

全く食べないのは無理だったので、

夜だけ抜くという方法にしました。

 

結果は1ヶ月で―3㌔程減りました^^

 

多少のおやつも間食しましたが、

 

お通じも良かったし、

 

特に体に不調も出ることなく痩せられました。

 

炭水化物は麺やパンもありますが、

 

塩分や脂質も含まれています。

 

その点お米は水分たっぷりで

塩分0で脂質も低い!

 

炭水化物の中でもダントツ1位でしょう(*’▽’)

 

皆さん、痩せたいならお米を食べましょう♪

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。