豆乳ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い!成功するための秘訣は?

大豆食品が美容・健康・ダイエットに

良いというのはみなさんご存知のことと

思います。

 

その中でも人気なのが、豆乳ダイエット。

 

よく、生理前に飲むと効果的とは言われますが、

どういうわけか、それで痩せる人と痩せない人、

いえ、逆に体重が増える人もいます。

 

果たしてこの違いは何なんでしょう?

 

豆乳ダイエットは痩せる?

大豆食品が美容・健康・ダイエットに

良いと言われているのは、

 

大豆の中に含まれる

 

タンパク質

→脂肪燃焼効果のある分岐酸

アミノ酸を含んでいる

 

サポニン

→血中のコレステロールや

脂肪を吸着・排出する働き

 

ビタミンB群

→糖代謝を助け、溜めこみを

防ぐ

 

カリウム、オリゴ糖

→むくみ解消、善玉菌を増やし、

便秘解消

 

大豆イソフラボン

→美肌効果、血圧を下げる

 

などの栄養成分があるためです。

 

その中でも豆乳は、他の大豆食品と

比べて、イソフラボンの量が多く、

 

なおかつ、体内への吸収が比較的早いと

されているので、最も早く効果を実感できる

大豆食品の一つとされています。

 

 

生理前が効果的?

110610 - image

女性にとっては憂鬱で面倒な毎月の生理。

 

実はやっかいなことに、

この生理のせいで、体の状態が

痩せやすくなったり、

痩せにくくなったりするわけですね。

 

関連記事↓

生理中食べても太らないのはウソ?本当?

 

その原因は、

プロゲステロンとエストロゲンいう

2つの女性ホルモンの増減によるもの。

 

プロゲステロン

 

妊娠に備え、基礎代謝を上昇

させる働きがあり、同時に

溜めこみの作用もあります。

減少するとその作用が

強まってきます。

 

 

エストロゲン

 

女性らしい体をつくる美人ホルモン。

代謝を上げ、気持ちを活発にする作用

があります。

 

 

生理前~生理中はプロゲステロン、

エストロゲンがともに減少するため、

水分や栄養を溜めこみやすくなります。

 

ですから、ダイエットしても

効果が出にくく、太りやすくなるのです。

 

そして生理が終わって1週間前後には、

プロゲステロン、エストロゲンがともに

上昇し、痩せやすくなるので、

 

この時期が最もダイエットの

効果が出やすくなります。

 

ですから、生理前の期間は痩せにくいから、

何もせずやり過ごすという人も

多いとされています。

 

ですが、その痩せにくい期間、つまり

生理前に豆乳を飲めば、生理が終わった後

痩せやすいと言われているんです。

 

 

その理由は豆乳に含まれる、

エストロゲンに似たイソフラボンや

サポニンなどが、溜めこみを抑える

働きをするためです。

 

つまり本来なら、生理前~生理中は

水分や栄養を溜めこんでしまうんですが、

それを豆乳でブロック。

 

なので、生理が終わると自然に体重が

減少するというわけです。

 

 

豆乳ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い!

088984 - image

しかしながら、どういうわけか、

 

豆乳を飲んで順調に痩せる人と

 

豆乳を飲んでも痩せない、

 

むしろ太るという人がいます。

 

 

果たしてこの違いはなんなのか?

 

著者なりに調べてみたんですが、

 

痩せない、効果が出ないという人は、

 

・豆乳を飲み過ぎている

・食べ過ぎ、運動不足

・豆乳が体に合わない

 

のいずれかだと思われます(^_^;)

 

まあ、3つ目の豆乳が体に合わないは

飲めばすぐ分かることなので省きますが、

 

・豆乳を飲み過ぎている

・食べ過ぎ、運動不足

に該当する人は意外に多いようです。

 

 

 

そもそも豆乳ダイエットは

痩せると言われていますが、

 

豆乳だけを飲んで痩せる

ということは実はないんですね。

 

 

でも痩せた人たくさんいるよ?

と言いたくなると思うんですが、

 

正確には、豆乳を飲むことで

満腹感が得られ、食事量が

抑えられるから痩せるわけであって、

 

豆乳だけ飲んで勝手に体重が

減っていくというのはないんです。

 

 

そして、豆乳で実際に痩せた人の

食生活を調べてみると、

 

みなさんきちんとバランスよく食べ、

過食をしてない人がほとんどです。

 

それでいて豆乳を適量飲んでいます。

 

 

無調整豆乳といっても結構カロリ

ーがあり、

200ml→100KCal。

 

これを毎食飲んでいれば

300KCalにもなりますし、

 

それでいて普通の食事では、

体重は変わらないどころか、

むしろ増えてしまいますよね。

 

 

飲む量は1日200ml程度が適量

と言われおり、これを守ることです。

 

それ以上飲む場合は食事量を

減らす必要があります。

 

これができていないと、うまく

痩せることはできないんですね。

 

 

ちなみに豆乳ダイエットで

3ヶ月10キロ痩せたとか、

 

大幅なダイエットに成功している人も

いますが、これはほとんどの場合、

運動もきちんとされています。

 

ですから、豆乳はあくまで、

サポート的役割で、

 

豆乳だけ飲んでいれば体重が

減るというのはありえない

ということですね。

 

 

中には運動も食事制限もなしで

豆乳を飲んで生理後に2~3kg

体重が落ちるという人もいますが、

 

2~3kg程度の体重の増減は

主に体内の水分量の変化による

ものなので、生理前~生理中に、

規則正しく生活していれば、

特別な運動や食事制限をしなくても

減ることは十分可能ということです。

 



 

豆乳ダイエットで成功するための秘訣は?

 

勘違いしないでほしいのは、

 

豆乳ダイエットをダメと

言っているのではなく、

 

豆乳はダイエットをするうえで

あくまでサポートとして

考えた方がいいということ。

 

 

豆乳を飲んで得られる効果が

・水分の溜めこみ、栄養を抑える

・便秘解消、代謝アップ

・満腹感が得られる

などなので、

 

豆乳ダイエットで成功するには、

この効果を利用して、

食事前に飲んで食事量を抑えたり、

適度に運動をプラスしたりすることです。

 

豆乳のサポートのおかげで、

 

ただ普通に食事制限や運動をするよりも、

 

効果がパワーアップするので結果が出やすく、

 

ダイエットが成功しやすくなります。

 

結局は食事制限や運動をしないと

ダメなのか・・・

 

と、がっかりした人もいるかもしれませんが、

 

ここが一番ダイエットの近道でもあります。

 

豆乳を飲むのは、より効果を上げるためであり、

基本的なことはやはりしなくてはいけません。

 

豆乳だけに頼るのではなく、

自分でも努力して痩せることが大事ですよ^^

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。