食べ過ぎても食べなさ過ぎてもお腹が空くという事実。

前回、家族で海に行ったことをきっかけに

ダイエット再開しようと思った私ですが↓

痩せなきゃ・・・と焦りを感じたとき。

 

最初MEC食ダイエットから始めたら、

下痢になってしまい断念。

 

MEC食についての記事はこちら↓

 

そして今は何の変哲もない「カロリー

制限ダイエット」を行っていますが、

 

今のところ順調に体重が減っています。

 

今まで何度もダイエットに挑戦しては、

リバウンドを繰り返してきた私ですが、

今回に至っては無理なくいけそうな気

がします。

 

その理由を今回は詳しく書いていきたい

と思います。

 

 

食べ過ぎると余計にお腹が空くという事実。

 

 

その理由は「空腹が前よりも感じずらく

なったため」です。

 

ダイエットは空腹との闘いです。

 

その空腹を感じずらくなるという

ことは、「無理なく痩せることが

できる」ということ。

 

しかし、なぜ私は空腹を感じずらく

なったのか?

 

それは「自分にとっての適量を

食べるようになったから

 

 

これです。

 

以前はお腹がいっぱいになる

まで食べていましたが、

 

なぜか、こういう食べ方をす

ると、お腹が空くのが早く

 

しかも、食べても食べても

いくらでも入ってしまう

いう状態に陥ってしまって

いました。

 

 

実はこれにはちゃんとした理由が

あります。

 

まず、「何を食べ過ぎる」といえば、

糖質を含まれた食品の場合がほと

んどです。

 

 

みなさんもそうではありませんか?

 

 

大抵、止まらなくなる食べ物とい

えばご飯、麺、パン、そしてお菓

子類。

 

私もついつい、白米をたくさん食べ

過ぎてしまっていました。

 

 

みなさんご存知のように糖質を多く含

む食品を食べると血糖値が上昇します。

 

血糖値が上がるということは、体のエ

ネルギー源となっているということな

ので、これは大変良いことなのですが、

 

摂り過ぎると危険なのです。

 

 

その理由は、糖質の摂り過ぎは血糖値を

急激に減らしてしまうからです。

 

 

え、糖質をいっぱい摂ってるのに

なぜ血糖値が減るの?

 

と疑問に思った人もいることでしょう。

 

 

 

それは、インスリンという物質に

原因があります。

 

インスリンは血液中に糖が増えると、

それを増えすぎないようにするため

に分泌される体内物質なのですが、

 

たくさん食べて糖が増えすぎると、

インスリンも大量に分泌されてし

まい、糖を必要以上に減らしてし

まうのです。

 

 

結果、たくさん糖質を摂ったにも

関わらず、インスリンに急激に吸い

取られてしまい、糖不足に陥ってし

まうのです。

 

 

そして糖不足になった体は、空腹感を

感じるようになります。

 

これが「食べ過ぎると余計にお腹が空く

理由です。

 

 

ですから、私はこの「食べ過ぎる」と

いう行為を止めたため、前よりも空腹を

感じずらくなったと思われます。

 

 

 

でももちろん食べなさ過ぎてもお腹が空く

112392 - image

 

当然ですが、食べ過ぎはいけないと

言っても食べなさすぎも空腹になり

ます。

 

 

無理に食事量を減らしたり、野菜や

こんにゃくといった低カロリー食品

ばかり食べたり。

 

これでは栄養不足になってしまい、

空腹どころか、体調までも崩して

しまいます。

 

 

こうならないためには

 

先ほども述べたように、「自分にと

っての適量」を食べることです。

 

 

じゃあ、自分にとっての適量ってどれ

くらいなのか?

 

これは簡単で、空腹感を感じなくなった

が目安ですね。

 

 

ゆっくりよく噛んで食べているうちに

どんどんお腹は満たされていきますよね。

 

 

そしてお腹が張ったり、苦しさを感じる

前でストップ。

 

いやいやまだまだ食べられそう

と思ってもストップです。

 

ここで食べてしまうと、インスリンが

大量に分泌され、またすぐにお腹が減っ

てしまうので、「まだ入る」と思っても

そこで止めておくのがベスト。

 

 

私はこの食べ方で、腹持ちがいつもより

長く続きました。

 

 

 

そしてもう一つ重要なのが、本当にお腹が

空いてから食べるということ。

 

勿論、お腹が減り過ぎて気持ち悪くなるく

らいはNGですが、

 

ちょっと小腹空いた」程度で食事を

摂らないようにすることです。

 

朝起きたら、朝ご飯、昼になったら

昼ご飯、夜になったら夜ご飯。

 

みなさん大抵このスタイルで食事を

摂っていると思いますが、

 

これも時間に縛られず、お腹が空いて

ないと思うなら食べる必要はなしです。

 

お腹が空いてない状態で食べてしまう

と、満腹中枢機能が鈍ってしまい、過食

の原因になります。

 

 

 

まとめると・・・

 

 

◎「あーお腹空いた~」と感じてから

食事を摂るようにする。

 

◎じっくりよく噛んで食べ、空腹感を

感じなくなったらそこでストップする。

 

 

これです。この2つのポイントを守るよう

にすると、「お腹が空いて空いて我慢

できない」という壁は徐々に乗り越え

られるはずです。

 

 

 



 

 

最後に

 

 

今まで糖質たっぷり、たくさん食べていた

人は最初のうちは辛いかもしれません。

 

でも、続けているうちに「あれ?そんなに

食べてないのに、お腹があまり空かない

という感覚が得られてくると思います。

 

 

ただ、こういった感覚が本当に当たり前に

なるのにはだいぶ時間がかかると思います。

 

現に私もダイエットを始めて3週間になりますが、

ご飯がガッツリ食べたい」「甘い物が食べたい

という欲求がまだ異常に起こるときがあります。

 

 

 

長い間の「糖質中心の食生活」というものは

そう簡単に抜けるものではないようですね。

 

 

ただ、ここで欲求に負けて「今日くらい

食べてもいいだろう」と糖質食品を食べ

てしまうのは

 

今までの苦労を水の泡にする行為なので

これだけは避けたいところ。

 

 

人間は1日そこらのドカ食いでは

太りはしませんが、

 

糖質の摂り過ぎはは先ほども述べた

ように余計に空腹を招く原因の元。

 

つまり、1回糖質をドカ食いしてし

まうと、その後も止まらなくなり、

 

また元の過食生活に戻ってしまう

可能性が高くなるということです。

 

 

ですから、食べたくてしょうがない

ときでも、たくさん食べずに、

 

ケーキ1個」とか、

ご飯もう1膳だけ」とか

お昼今日だけラーメン外食」とか、

 

適度な量に止めておくことが

大切です。

 

適度な量ならその後異常な食欲は

起こりにくくなります。

 

 

食べ過ぎるからお腹が空いて

また食べたくて食べたくて止

まらなくなる。

 

これをしっかり学ぶようにしましょう!

 

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。