ダイエットに良い食べ物とは?低カロリーなものより質が大事!

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 食べるダイエット



みなさん、ダイエットをするとき、

食べ物はどんなものを

食べているでしょうか?

 

おそらく、多くの人が

野菜、豆腐、こんにゃく、

鶏ささみなどの、

低カロリー食品中心では

ないでしょうか?

 

ダイエットしている人にとって、

低カロリー=ダイエットに良い食べ物

という認識が強いですが、

必ずしもそうだとは限らないんです。

 

では、ダイエットに本当に

良い食べ物とはなんなのか?

 

この記事で詳しく紹介して

いきたいと思います^^

Sponsored Link

ダイエットに良い食べ物とは?

 

お米



今や糖質制限ダイエットが主流で、

この方法で大幅な減量に成功した人が

急増していることもあり、

 

お米=太るという認識が

強くなっていますね。

 

しかし、実は結論から言うとお米は

お腹いっぱい食べても、

太りにくい食べ物なんです。

 

その理由はこれまでも何度か

このブログでも説明してきましたが↓

 お米は一日の摂取量を守れば太らない?自分に合った適量を知ろう!

お米食べるダイエットで2週間でー4㎏も痩せる?その理由とは?

炭水化物抜きダイエットのデメリットとは?効果的なのは夜?

 

お米にはビタミン・ミネラル

食物繊維(玄米の方が豊富)が

豊富に含まれているので、

美肌や便秘解消にも良いのです。

 

また、お米は血糖値の上昇が

ゆるやかなため、ゆっくり噛んで

食べれば腹持ちも良く、甘いものが

欲しがりにくくなります。

 

確かに限度量を超えれば太りますが、

実際、腹持ちの良いお米を

太るまで食べれる人は実は

そうそういないんです^^

 

 

 

お肉



これも脂質が多いから、太ると

思われがちですが実際は逆で、

食べない方が太ります。

 

肉の成分はタンパク質であり、

 

このタンパク質が不足すると、

筋肉が落ちたり、内臓の働きが

弱くなるので、脂肪を溜めこみやすい

体質となってしまうのです。

 

また、肌荒れ、しわ、たるみの

原因にもなってしまいます。

 

ですから、お肉は決して抜かない

ことが大切です。

 

ですがお肉なら何でもいい

というわけではなく、

 

やはり脂質が高めの豚バラや

鶏ももなどは避けたいところ。

 

では何がおすすめかとえば、

羊や牛、豚なら赤身肉のヒレ

になります。

 

これらのお肉には

L-カルチニンという

脂肪の燃焼を高める成分が

含まれていて、

 

赤身肉は硬めの歯ごたえなので、

噛む回数が増え、満腹感も

得やすいのです。

 

ただし、ダイエット中によく

選ばれる低カロリーの

鶏のささみにはこの成分が

含まれていないため、

あまりおすすめできません。

 

 

 

果物



果物は糖分が入っているので

太るイメージがありますが、

 

果物の糖分は単体だけで摂らなければ

太るということはありません。

 

そればかりか、果物にはビタミン、

ミネラル、デトックス作用の高い

生の酵素やクエン酸、食物繊維、

抗酸化物質が豊富に含まれて

いますから、むしろ太りにくく、

 

悪い物を排出してくれる

ダイエットには強い味方なのです。

 

ただ、食べるタイミングとしては

体内排出時間の朝が最も良く、

 

それが無理な場合は

おやつ代わりとして食べるのも

良いでしょう。

関連記事↓

ダイエット中の朝食は白湯と果物がおすすめ?その理由とは?

りんごダイエットの本当の効果は痩せるためじゃなくてデトックス?

 

 

大豆食品



豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品には、

女性に嬉しい、大豆イソフラボンが

たっぷり含まれていて、美肌や便秘解消

髪や骨を強くする効果があります。

 

ただ、よく豆腐ダイエットとして

豆腐ばかりを食べる人がいますが、

これでは例え痩せても、栄養が偏り、

キレイには痩せられません。

 

ですから、1日1丁程度を目安に、

麻婆豆腐や、豆乳バナナなど、他の

食品と組み合わせて食べる方が、

単品で食べるより栄養バランスが

摂れるので一石二鳥です。

 

関連記事↓

おからダイエットで効果的で簡単に痩せるやり方は?3ヶ月ー12㎏も可能?

 

 

質の良い油



油は太るから、ダイエットしている人は

嫌われがちですが、油は摂らなすぎると

痩せにくくなったり、肌荒れを起こしたり

します。

 

そしてよりダイエットに良いのは

質の良い油です。

 

質の良い油とは、「エキストラバージン

オリーブオイル」「シソ油(えごま油)

亜麻仁油」などの、オメガ3の必須脂肪酸

と呼ばれる種類のものです。

 

これをノンオイルのドレッシングや

ポン酢、バルサミコ酢などと混ぜて

自家製ドレッシングとして、

サラダにかければ美味しく食べられます。

 

 

反対に質の悪い油は、ファストフード、

揚げ物、スナック菓子、クッキーや

菓子パンに含まれる油です。

 

これらの油は植物性油であっても

加熱することで悪い油に変化するので

できるだけ控えるようにしましょう。

 

 

白湯



白湯は簡単に言うと、赤ちゃんに与える

湯冷ましのこと

 

温かい飲み物は体を温めるので

代謝がアップする、だから白湯が良いか

というと、そう単純な理由ではありません。

 

温かい飲み物なら、お茶などもあるわけ

ですが、お茶には脂肪分解などの成分の

ポリフェノールも入っている他、

 

カテキン、カフェインなどたくさんの成分が

入っています。一見体に良さそうに見えますが、

 

いろいろな成分が入っていると、その分胃や腸

が働かなければならず、負担がかかるのです。

 

また、お茶には体を温めるものと冷やすもの

があり、少し注意して飲む必要があるのです。

 

その点白湯は、余計な成分が一切入っておらず、

純粋な飲み物なので、胃や腸に負担をかけず、

内臓機能を温め活発にしてくれます。

 

これによって、体内の余分な老廃物や脂肪が

キレイに流されていくだけでなく、

 

血液やリンパの流れも良くなり、

水分も排出しますから、

 

便秘やむくみ解消もしてくれるのです。

 

 

関連記事↓

ダイエット中の朝食は白湯と果物がおすすめ?その理由とは?

 

Sponsored Link


 

 

発酵食品



発酵食品がダイエットに良いというのは

みなさんご存知のことと思います。

 

その中でもおすすめなものは、

 



脂肪の吸収を抑える効果がある。

 

ヨーグルト

乳酸菌の働きで便秘に効果的。

低カロリーで栄養も豊富。

 

甘酒

身体を温め、代謝アップ効果。

甘いものがほしいときの

代わりに飲むことも◎

 

納豆

良質の植物性タンパク質が

含まれていて、カルシウムや

大豆イソフラボンも摂れる。

 

この他にもたくさんありますが、

 

ただ発酵食品がいくら良いといっても、

脂質、塩分、カロリーも高いのもあるので

摂りすぎには注意が必要です。

 

理想的なのは、他の食品とも組み合わせて、

いろいろな種類を毎日少しずつ食べること。

 

また、甘酒とヨーグルト

納豆キムチ、テンペの味噌汁など、

発酵食品どうしを組み合わせると

さらに効果がアップするので

おすすめです。

 

 

 

 

あんこ系和菓子



ダイエット中に甘いものを

食べたくなったら、

和菓子がおすすめです。

 

和菓子は洋菓子に比べ、

小麦粉やバター、脂質が低く

比較的低カロリーなので、

食べるなら和菓子にしましょう。

 

そして特にその中でもおすすめなのは、

あんこ系の和菓子です。

 

実はあんこであるつぶあん100gには

ゴボウ100gと同じだけの食物繊維が

入っており、さらにこしあんの方には

つぶあんの15%多い食物繊維が

含まれているのです。

 

ですから、おはぎなどは、もち米や砂糖が

使われていても、食物繊維がブロック

してくれるので太りにくいのです。

 

さらに、あんこの原料はあずきですから、

大豆イソフラボンも一緒に摂れ、

きな粉のおはぎならさらに豆パワーアップ!

 

ただし、同じ和菓子でもたい焼きや

どら焼きのように小麦粉を使ったものは

NGなので注意しましょう。

 

 

チョコレート



チョコレートダイエットといえば、

一時期ブームになりましたが、

 

これはチョコレートに含まれる

カカオポリフェノールが、

美容によく、体も温まるし、

食物繊維も摂れるとされている

からです。

 

ただし、どんなチョコレートでもいいと

いうわけではなく、

 

市販されている、板チョコや生チョコは

「植物油脂」という悪い油や砂糖が

たっぷりなので、ダイエットにはNG。

 

ポイントはカカオ70%以上の

ピュアなものを選ぶことです。

 

ちょっと値段は張りますが、

チョコレート大好きな人は

是非チャレンジしてほしいと

思います^^

 

また、チョコレートの効果は

これだけではありません。

 

チョコレートの中には

愛情に満たされたときに

分泌される脳内ホルモン

と似た成分が含まれているので、

食べた時に幸せな気分になります。

 

 

実はこれがダイエットに役立つのです。

 

脳がストレスを感じると、様々な

ホルモンが分泌して、代謝を下げたり、

 

脂肪を蓄えたり、食欲を増進させたり

などの作用をもっているため、

 

食べる量が増えていなくても

太ることがあります。

 

ですからそれをチョコレートを

食べることで解消することができるのです。

 

ただ、だからといってバカ食いは

おすすめできないので、

 

ストレスを感じた時や小腹が空いたときなどに

チョコチョコ食べるのが良いでしょう^^

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

是非ダイエット中のみなさんは

積極的にとってほしいと思います^^

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s
2週間で腹周り-8cmにした2つの食材&エクササイズ法!

短期間でウエストを細くしたい、 それも楽に...ダイエッ

137068
女性は炭水化物抜きダイエットは痩せにくい?その理由とは?

炭水化物抜きダイエットは ダイエットの中でもメジャー

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba
チーズで血糖値が下がる?便秘解消・ガン予防にも?

身近な食材が健康に大きく 貢献してくれることがあり

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s
2週間でウエスト―20.5cm?!驚きのエクササイズ法とは?

ウエストを細くしたり、 くびれを作りたい。 &nb

oi
オチョダイエットの効果がすごい!2週間でウエスト-15cm?

腰を動かすダイエットはたくさん ありますよね。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ