肝臓ストレッチで10日でウエスト-3.5cm?痩せやすい体質に!

肝臓と聞くとどんなイメージが

あるでしょうか。

 

沈黙の臓器なんていうことが

ありますが、

 

その機能は多岐に渡ります。

 

そんな肝臓に脂肪がたまって

しまう、いわゆる「脂肪肝」

という状態があります。

 

 

この状態が続くと病気のリスクを

高めることがあります。

 

さらには痩せにくく、脂肪を

溜めやすい体を作ってしまう

ことがあります。

 

 

そんな脂肪肝をストレッチで

解消しようという

 

「肝臓ストレッチ」があります。

 

これを行うことで、肝臓本来の機能を

取り戻すことが期待できます。

 

 

では、その具体的な方法や効果について

みていくことにしましょう。

 

肝臓太りチェック!肝臓が弱いとどうなる?

087451 - image

自分が肝臓太りかどうか。

まずは以下のチェックを

してみてください。

 
  • 毎日、フルーツをたっぷりと食べている
  • 甘いものを良く食べるし、やめられない
  • 仕事や日常でストレスが多い
  • 腹八分で止めることができず、
  • いつも満腹まで食べる
  • 便秘である
 

 

以上のことに心当たりがあると、

肝脂肪の可能性があります。

 

特に糖質の過剰摂取は脂肪蓄積の

原因になります。

 

 

健康的な肝臓は脂肪量が全体の

3〜5%といわれていますが、

 

脂肪肝では30%以上。

かなり危険な状態です。

 

 

さて、脂肪肝を発症すると

次のような症状を招きます。

 
  • 血液がドロドロとなる
  • 疲れが取れにくく、慢性的な
  • 疲労がたまる
  • 老廃物が体に蓄積する
  • 痩せにくく、太りやすい
 

 

肝臓の役割の1つに解毒があります。

 

解毒作用によって血液を常に

清潔に保ち、

 

体の状態を良くすることが

できます。

 

しかし、肝脂肪ではこの機能が

低下します。

 

血液が不健康になると体全身に

悪影響を及ぼし、

 

上記の症状を発症して

しまうのです。

 

 

肝臓ストレッチをするとどのような効果が得られるか?

082979 - image

そんなときに効果的なのが

肝臓ストレッチなわけですが、

 

肝臓ストレッチのやり方を説明する前に

肝臓ストレッチをするとどのような

効果が得られるかについてご説明します。

 

 

肝臓ストレッチで得られる効果は

大きく分けて以下の2つ。

 

 

1:肝臓が活発になる

 

運動不足や長時間の同じ姿勢

によって、

 

肝臓が圧迫されると活動が

低下してしまいます。

 

ストレッチをすることで、

体の姿勢を正し、

 

肝臓の働きを良くする効果が

期待できます。

 

 

2:解毒作用の向上

 

ストレッチをすることで肝臓の

解毒作用が向上します。

 

そして、綺麗な血液や栄養を

体に運ぶことができるので、

 

疲れにくく、痩せやすい体を

作るのを助けてくれるでしょう。

 

 

 

肝臓ストレッチのやり方

 

では、肝臓ストレッチの

具体的な方法について

みていきましょう。

 

 

1分肝臓ストレッチ

1479784298122 - image

1: 左手で肝臓のある右胸下を抑えます。

2: 右手を上にあげます。

3: そのまま体を左側へ倒し、伸びをします。

これを10秒間キープします。

4: 体を戻し、そのまま右側へ倒します。

これを10秒間キープします。

5: 3〜4を3セット行います。

 

 

すきま時間に座って肝臓ストレッチ

1479784290550 - image

1: イスに浅く座ります。

2: 両手を上にあげます。このとき胸を張り、

腰を反らします。これを10秒間キープします。

 

1479784283196 - image

3: 腕を下ろし、体を前に倒します。同時に

背中を曲げ、力を抜きます。これを10秒間

キープします。

4: 2〜3を3セット行います。

 

 

疲れリセット寝る前に肝臓ストレッチ

1479784274345 - image

1: 横になった状態からスタートします。

2: 左手で肝臓を抑え、右手を伸ばします。

3: 右手と脚全体を左側へ反らします。

ちょうど三日月のイメージです。

これを10秒間キープします。

4: 反対側も同様に反らします。

これも10秒間キープします。

5: 3〜4を3セット行います。

 



 

肝臓ストレッチで痩せた人の体験談

 

実際に肝臓ストレッチを行い、

ダイエットが成功した人の声には

以下のようなものがあります。

 

 

“健康診断で肝機能の数値に異常があると

指摘されました。どうも最近疲れやすいなぁ

と思っていたけど、肝臓が原因だったのかも。

ストレッチを実践してみると、体が不思議と

軽くなり、お腹周りも痩せることができました”

 

 

“肝臓ストレッチをやってみた結果、10日で

ウエストが-3.5cm。そして、なにより血行が

よくなりました。極度の冷え性だったのですが、

それが治ったことが大きな実感としてあります”

 

 

“子育て中で忙しいにもかかわらず痩せない

ことが悩みの1つでした。血液検査で肝臓が

弱っていることが指摘されてから、肝臓スト

レッチをしてみたところ、体調が一気に改善。

お腹周りは-5.0cm。そして以前よりテキパキ

家事をこなせるようになりました”

 

 

お酒を飲まなくても肝臓は弱る?

kinshi_beer - image

お酒を飲むと肝臓が弱る。

そういうイメージがある

かもしれません。

 

確かにアルコールの分解は

肝臓で行われていますから、

 

飲酒量が多ければ肝臓は弱ります。

 

しかし、一方で全くお酒を飲ま

なくても肝臓が弱ってしまう人

がいます。

 

その原因が糖質の過剰摂取

 

その先にあるのが脂肪を溜めすぎて

しまう脂肪肝なのです。

 

 

脂肪肝になってしまった人のうち、

10%が非アルコール性肝脂肪

「NASH」という状態になります。

 

肝機能が低下し、痩せにくく、

疲れやすい体になっていきます。

 

 

そして、さらに進行すると

肝硬変や肝臓がんになることも

あります。

 

 

最後に

 

最近どうも疲れやすい。

 

健康のために運動を

心がけているけど、

 

痩せる気配もなく、ダイエットの

モチベーションが続くかない。

 

その原因はもしかしたら

肝臓にあるのかもしれません。

 

 

健康を維持し、ダイエットを

成功させるためには肝臓に

負担をかけない食生活が大切です。

 

お酒を控えたり、糖質を摂りすぎたり

しないこと。

 

これらがポイントになるでしょう。

 

ストレッチと合わせて、ぜひ食生活も

変えてみてくださいね。

 

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。