便秘解消に効果的なヨーグルトを見つける方法!

昔から便秘の解消にはヨーグルトが良いといわれてきました。

ヨーグルトに含まれる菌が腸内環境を良くし、便を出しやすくしてくれるからですね。

 

しかし、一方で毎日食べているけども、なかなか解消されないことがあります。

実はこれ、体に合っていないヨーグルトを食べているからなのです。

 

では、体に合ったヨーグルトの探し方とは一体どういった方法なのでしょうか。

また、腸内環境を良くし、便秘を解消するために気をつけることはなんなのか。

 

これらのことについて見ていきましょう。

 


冷えに弱い腸と肥満

 

冬場になると体重が増えることってありますよね。

これは腸が寒さに弱いことに関係しています。

気温が下がると腸の活動が低下し、便が溜まりやすくなります。

そして、便秘によって腸内で悪い成分が作られると、吸収され血液中に放出されるようになります。

 

これが脂肪燃焼の効率を下げてしまうことがわかっています。

 

悪い成分を含んだ血液は細胞に取り込まれず、そのまま皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積さてしまうからです。

腸の活動が低下すると、このようなメカニズムで太りやすい体ができあがってしまうのです。

 

 

腸内環境を良くするヨーグルト。しかし…

 

ヨーグルトを食べることは腸内環境を良くする。しかし、自分に合ったヨーグルトを食べなければ効果がない

そうおっしゃるのは、初診4年待ちといわれている順天堂大学教授の小林弘幸先生です。

 

先生は「ヨーグルトを食べることはとても良いことだ」とおっしゃっています。

ヨーグルトに含まれる菌が腸内環境を良くし、便秘を始めとする症状を解消してくれるからですね。

 

一方で先生は「ヨーグルトを食べても実感できない人は自分に合ったヨーグルトを食べていないことが原因」ともおっしゃいます。

その背景には人それぞれ腸内環境が違うということがあります。

 

腸内環境は食べているもの、環境、これまでの生活習慣によって個人個人で全て違います。

このため、その人の腸内環境にあったヨーグルトを食べなければ、十分な効果を得ることができないというのです。

 

 

 

ヨーグルトの菌

 

ヨーグルトは商品によって含まれる菌の種類が違います。

菌の数は数十種類にも及びますが、良い効果をもたらす菌もあれば、そうでもない菌があります。

個人差があるのですね。

 

自分の腸内環境に適合した菌を持つヨーグルトを食べること。

 

これが腸内環境を良くする第一歩なのです。

では、具体的にどうやって探していけばいいのでしょうか。

 

 

 

ヨーグルトの探し方と4つの変化

 

小林先生のおっしゃる、自分の体に合ったヨーグルトの探し方。

それは「同じヨーグルトをまず2週間から1ヶ月食べ続ける」というものです。

その中で以下の変化があるかを見ます。

1:便がバナナ状になる

2:疲れにくくなる

3:睡眠がよくなる

4:肌が潤ってくる

 

このような変化を実感できれば、そのヨーグルトは体に合っていると判断できます。

一方でいつまで経っても便秘などの症状が改善されなければ、そのヨーグルトは合っていないことになります。

私たちが食べたものは通常48時間で排出されます。

 

このため、ヨーグルトを食べ続けなければ、腸内環境を改善することができません。

数日食べただけでやめるのではなく、きちんと継続するようにしましょう。

 

 

継続が大事。だけど…

 

一方で注意点があります。

ヨーグルトを食べていると、お腹が張っていると感じることがあります。

ここで多くの人がヨーグルトを食べることをやめてしまいますが、これはNGな行動です。

このお腹の張りは腸内環境が変わっているサインと小林先生はいいます。

 

多くの場合、症状は3、4日で治まるのでそれほど気にする必要はないとのこと。

反対にいつまで経っても便秘が解消されず、4つの変化も実感できない。

そういうケースであれば、他のヨーグルトを試していく必要があります。

 

まずは継続して試していくということがポイントです。

 



 

便秘解消に役立つもう一つの食べ物

 

小林先生がオススメする食材がりんごです。

りんごには食物繊維、そしてペクチンという成分が豊富に含まれています。

これらが腸内環境を良くする効果があります。

 

特にペクチンは腸内に存在する乳酸菌の増殖能を高めることがわかっています。

また、腸内環境以外にも血中コレステロール、中性脂肪を下げ、血糖値のコントロールもしてくれます。

アレルギーにも有効で、花粉症の症状を抑える効果もあります。

りんご関連記事↓

5日で下腹-3.5㎝?朝のホットりんごが効く!

1日でー1.8キロの効果?食べ過ぎた翌日はリンゴ断食!

りんごダイエットの本当の効果は痩せるためじゃなくてデトックス?

 

 

 

りんごのオススメの食べ方

 

小林先生がオススメするりんごの食べ方。それは焼きリンゴです。

調理法配下の通りです。

 

1:皮のままりんごの半分に切り、種を取る

2:はちみつとオリーブオイルをかける

3:2枚重ねたアルミホイルでりんごを包む

4:オーブンレンジ(1000W)で20分加熱

 

皮にはりんごの重要な成分が含まれているので、そのまま食べることが望ましいです。

はちみつやオリーブオイルにも整腸作用があり、腸を活性化してくれます。

 

 

最後に

 

腸内環境は食べたものによって大きく変化します。

食べ物が悪ければ腸内環境は悪化しますが、良いものを食べれば腸内環境は良くなるのですね。

これはとてもシンプルなことだと思います。

 

便秘に長年悩んでいる。

週に1度しかお通じが来ない。

このような人は腸内細菌や食物繊維が不足しているのかもしれませんね。

 

ぜひ、食べ物を変え、環境を良くしてみてくださいね。

その他便秘&デトックス関連記事↓

ヨーグルトや牛乳はダイエットには逆効果?便秘や下痢の原因に?

ヨーグルトを食べても便秘が治らない理由とは?

野菜をたっぷり食べても便秘が治らない理由。

便秘を放置しておくと危険!腸が老化して太る・不妊にも?

便秘解消に効果絶大?その意外な方法とは?

便秘が治らない6つの原因と便秘解消する6つの方法!

昆布水はデトックス効果抜群!便秘解消で肌がツルツルに!

 

肝臓をあたためるとデトックス効果あり!糖や脂肪をスッキリ排出!

 



 

腸内環境を整えたらダイエットスタート?

 

腸内環境を整える気持ちになれれば本気でダイエットに取り組む良いチャンスです。

しかし、ヨーグルトだけを食べるような形だと腸内環境は整えられても大幅なダイエット効果は期待できません。

 

ダイエット効果を期待するのであれば「24/7ワークアウト」に通われる事をおススメしています。

「24/7ワークアウト」の特徴は
  • 完全個室のトレーニング
  • プロのトレーナーによるトレーニング指導
  • 毎食の食事指導
  • リバウンドしない体づくり
  • ウエア・シューズの無料貸し出し
など多くあります。

 

問題は費用面だと思います。

しかし、「24/7ワークアウト」はそんな心配は必要ありません。

なぜなら他社のパーソナルジムより10万円以上安く通うことが出来るからです。

 

『料金が安いならダイエット効果が少ないのでは?』

と考える方もいらっしゃるかと思いますが決してそんな事はありません。

なぜなら当ブログライターのみほさんが「24/7ワークアウト」に2か月間通われて劇的にダイエットに成功されているからです。

私もビフォーアフター写真を見ましたがまるで別人の様に痩せていました。

 

「24/7ワークアウト」は本物です!!

ぜひ一度みほさんの記事をご覧ください。

【インタビュー】24/7ワークアウトに2ヶ月間チャレンジした結果がスゴイ!

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。