痩せにくい体質を痩せやすい体質にするある方法とは?

公開日: : 体験談



体には特殊な細胞があります。

 

その細胞を刺激することで

誰でも簡単に痩せることができます。

 

また、その後も、太りにくく、

痩せやすい体質を作ることも可能です。

 

 

その細胞は「褐色脂肪細胞」と呼ばれます。

体の中に40グラムしかない貴重な細胞ですが、

 

この細胞をきちんと刺激してあげることで、

ダイエット効果を期待することができます。

 

 

では、実際にこの褐色脂肪細胞を刺激し、

痩せやすい体質を得ることができた

Oさんの実体験についてみていきましょう。

 

Sponsored Link

ホームステイが太るきっかけに

 

語学や海外文化を学ぶために

ホームステイをしたいと思う人は

多いでしょう。

 

Oさんもそんな自分の将来の

目標の為にホームステイをした人でした。

 

 

選んだホームステイ先はオーストラリア。

 

物価が安く、無償のホームステイが

数多くあることが理由です。

 

Oさんは1年の留学に向かいました。

 

 

Oさんがホームステイ先に行くと、

まず驚いたのはファミリーの夫婦が

とても大きな体をしていたこと。

 

二人とも100キロを超える

巨漢だったのです。

 

 

夫婦が太る理由はすぐわかりました。

 

夕食で出てくる1キロのお肉。

バターがたっぷり入った

マッシュポテト。

 

このようなものを毎日

食べているからでした。

 

ただ、真面目なOさんは

ファミリーと仲良くなるために、

 

これら食事を残さず食べるように

しました。

 

その結果、半年で20キロ体重が

増えてしまったのです。

 

 

 

Oさんはどのようにして痩せたのか?

 

ホームステイ先から1年ぶりの帰国。

胸を躍らせながら両親との再会を待ちます。

 

空港で両親を見つけたOさんは

両親に駆け寄りますが、

 

太ったOさんに両親は

気づきませんでした。

 

 

家に帰っても弟には

誰?ボンレスハムかと思った

と言われる始末。

 

あまりの体型の変化に、

Oさんと認識することが

できなかったのです。

 

 

そんな痩せようと思った時、

 

あるテレビ番組でハリウッド女優の

体型維持法が紹介されていました。

 

それが冒頭でも述べた、

褐色脂肪細胞を刺激する

というものでした。

 

 

褐色脂肪細胞は肩甲骨周辺に

あるといわれています。

 

この脂肪細胞を刺激すれば

痩せられる。

 

そう思ったOさんは次のことを

続けたのです。

 

 

1:マットを丸めたポールを作ります。

2:その上に仰向けに乗り、肩甲骨を刺激する。

3:同時に肩を上下に動かします。

4:これを毎日10分間行います。

 

 

たったこれだけ?と思うかもしれませんが、

 

褐色脂肪細胞を適切に刺激し、

痩せやすい体質を作ることができます。

 

事実、Oさんはこのダイエット法で

1年で30キロの減量に成功しました。

 

Sponsored Link


 

なぜこのダイエット法で痩せやすい体質になったのか?

 

今回のダイエット法で

ポイントになるのは、

 

これまでも述べてきたように

褐色脂肪細胞です。

 

この細胞について詳しく

みていきましょう。

 

 

褐色脂肪細胞の働き

 

体の脂肪には2つの種類があります。

 

1つは白色脂肪細胞

 

普通のお肉の白い部分のことです。

脂肪を蓄積するという役割があります。

 

そしてもう1つが褐色脂肪細胞

 

この細胞の役割は白色脂肪細胞の

燃焼です。

 

 

褐色脂肪細胞は量も少なく、

普段は活性化していません。

 

そのため、いくら脂肪がたまっても、

その脂肪が燃焼されることはありません。

 

 

ダイエットのポイントは、

 

この褐色脂肪細胞の

スイッチを入れること。

 

そうすれば、自然と痩せやすい

体質を作ることができるのです。

 

 

 

肩への刺激が効果的

 

Oさんのように専用のポールを

作り、肩甲骨を刺激することは

 

褐色脂肪細胞を活性化させる

良い方法です。

 

その他、水泳も活性化させる

方法としてオススメです。

 

 

水泳は泳ぐ時に肩甲骨を

回転させますよね。

 

それが細胞を刺激します。

 

また、単純に消費カロリーも

高いので、より高いダイエット

効果が期待できるでしょう。

 

 

 

Oさんの継続力もプラス

 

Oさんがダイエットに成功したのは、

褐色脂肪細胞の働きもありますが、

なによりそれを継続できたことです。

 

 

10分間の時間を毎日取り、

肩を動かし続けたことは

根気のいることです。

 

 

それほど、太ってから起きた

出来事はOさんにとってショック

だったのかもしれませんね。

 

親に気づいてもらえないほど

体型が変わったのですから、

 

気付くきっかけになったのでしょう。

 

 

ダイエットはそのような

強い衝撃があるほど続きます。

 

動機が強いと良いのですね。

 

このままではだめだ!

というような思いが大切です。

 

 

褐色脂肪細胞を刺戟する

ダイエットはとても簡単に

行うことできます。

 

ですが、その効果を実感する

ためには、きちんとした継続が

必要です。

 

毎日10分間、必ず行うように

してくださいね。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夜食
21時以降でも太らないおすすめ夜食レシピ!

夜、ふとしたときに小腹が空くと、 冷蔵庫を開けて何かない

syokuji_woman
ゆっくり食べるだけで体脂肪が減る!顔のたるみも解消する!

食事の食べ方が体に及ぼす影響 というのは、思っているより

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s
正しいダイエットは運動1割・食事制限9割だった?

世の中にはたくさんのダイエット 法がありますよね。

kinniku_ude
筋肉にまつわるウソ・ホント。あなたはどれくらい知ってる?

  ダイエットをするとき、気になるのが

6cb0e88014e41855a86b402fb0d6fe83_s
簡単お腹痩せ!ひねりながら腹式呼吸するだけ!

私たちが絶えず行なっている呼吸。   単

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ