40代からは食べ過ぎてなくても太る?その理由とは?

公開日: : 食べるダイエット



人の体は年齢によって体質が変わります。

 

若い頃は食べても食べても

太ることはなかったけど、

 

今では同じ量を食べても

すぐに太ってしまう。

 

そんなことを実感している人も

いるでしょう。

 

 

特に女性は40代を過ぎると、

閉経に伴いホルモンバランスが

変わります。

 

それをきっかけとして、

太りやすい体質になる、

なんてこともあります。

 

 

40代という境目は女性の体に

どういった変化をもたらすのでしょうか。

 

また、もし太ってしまった時、

どういったダイエットを

していけばいいのでしょうか。

 

これらのことについて

詳しくみていきましょう。

 

Sponsored Link

どうして40代を界に太りやすくなる?

 

冒頭でも述べたように、女性は40代に

なると閉経が起こります。

 

これは月経周期がなくなり、

出産機能が停止することです。

 

 

さて、この閉経は体にある

作用を及ぼします。

 

それが女性ホルモンの1つである

エストロゲンの減少です。

 

エストロゲンは女性らしい

体型や性格といったものを

司るホルモンです。

 

 

そして、エストロゲンには

もう一つ役割があります。

それは脂肪燃焼効果

 

余分な脂肪を燃焼させ、

体に脂肪をたまりにくく

してくれるのです。

 

 

閉経に伴い、このエストロゲンが

減るということは、

 

それまで同じ食事量を

していたとしても、

太りやすい体ができて

しまいます。

 

ここに40代から太りやすくなる

理由があったのです。

 

 

内臓脂肪がたまることで起こりやすい病気とは?



内臓脂肪は見た目でわかる

脂肪とは異なります。

 

その名の通り、体の臓器の隙間や

周囲に張り付く脂肪で、

 

一見痩せているように見える人でも、

測ってみると内臓脂肪量が

多いなんてこともあります。

 

 

この内臓脂肪が溜まりすぎることで

起こる病気は以下があげられます。

 

 

動脈硬化

 

内臓脂肪には血液の流れを阻害する

成分が含まれています。

 

血流が悪くなると、それだけ

血圧が上がり、その負担を受ける

血管は硬く、もろくなります。

 

 

 

高脂血症

 

血液中の脂肪、いわゆる血中脂肪が

高い状態です。動脈硬化と併発し、

どろどろの血液を作り出します。

 

血液循環が悪くなり、より大きな

病気を招くこともあります。

 

 

 

 

高血圧

 

動脈硬化同様、血液を流すために

大きな力がいるようになります。

 

高血圧は様々な臓器に負担をあたえ、

特に心臓をはじめとする循環器への

負担は深刻です。

 

 

 

糖尿病

 

内臓脂肪が増加すると、血糖値を下げる

インスリンの働きが悪くなります。

 

このため、血糖値が常に高い

状態となる糖尿病を発病します。

 

 

 

深刻な病気に繋がることも



動脈硬化や高血圧といった症状は、

その先にある命の危険もある

病気への序章に過ぎません。

 

具体的には以下の病気があげられます。

 

 

心臓疾患

 

血液を全身に送る心臓は

常に働いています。

 

しかし、血液を送るのにより大きな

パワーを使うようになったり、

 

血液がどろどろとしていると、

それだけ負担も大きくなります。

 

 

それは心筋梗塞、心臓発作といった

心臓を取り巻く病気を招くことがあります。

 

自覚症状がなく、突然発症

するものですから、

注意が必要でしょう。

 

 

脳血管障害

 

全身の血管は縦横無尽に

張り巡らされています。

 

そしてそのひとつひとつは

末端に行くほどとても細く、

繊細です。

 

特に脳は血管が集中しています。

 

 

脳の血管の動脈硬化、

高血圧が進むと病気の

リスクが高まります。

 

脳出血、脳梗塞といった

脳血管障害は命の危険もあり、

十分注意が必要です。

 

Sponsored Link


 

40代からのダイエットの仕方

 

40代から行いたいダイエット。

それは食事を変えることです。

 

私たちの体は食べたものから

作られます。

 

体質も変化しますから、

 

昔と同じような食事を

していても、それは

病気を招くだけです。

 

 

ダイエットで意識して

ほしい食事は以下の3つです。

 

 

1:食べるものに気をつける

 

お肉を中心とした食事から、

野菜や魚といった食事に

切り替えてみて下さい。

 

野菜はなるべく毎日。

魚もお肉より意識して

食べるようにしましょう。

 

お肉は少量で構いません。

 

 

また、お菓子や菓子パンといった

ジャンクなものは避けましょう。

 

大量の砂糖が入っていますから、

それが内臓脂肪を蓄積する原因になります。

 

 

 

2:食べる早さに気をつける

 

早食いをしてしまうと、

短時間で大量のご飯を

食べられていまします。

 

よく噛み、時間をかけて

ゆっくり食べる。

 

これだけでも、食事量を減らし、

ダイエット効果を得ることができます。

 

 

 

3:食べる量に気をつける

 

昔と同じ量を食べていても、

体質が変わりましたから、

太ってしまいます。

 

そのため、食べる量を

少しずつ少なくし、

 

体を慣らしていきましょう。

 

よく噛むほど満腹感を

得られますから、

 

その癖をつけてみてください。

 

 

 

病気は知らず知らずのうちに

 

病気は知らず知らずのうちに、

私たちの体を蝕みます。

 

親切に進行を教えてくれる

わけでもなく、

 

淡々と進行していきます。

 

 

自分が太っているとか、

不健康な食事をしている。

 

そう思っているのであれば

早急に改善が必要です。

 

ダイエットには運動はほとんど必要なく、

目の前の食事改善が第一歩です。

 

 

普段食べているもの、食事量、

食べる早さ。これらを見直し、

改善することで病気を

遠ざけることができます。

 

ぜひ、実践してみてくださいね。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夜食
21時以降でも太らないおすすめ夜食レシピ!

夜、ふとしたときに小腹が空くと、 冷蔵庫を開けて何かない

syokuji_woman
ゆっくり食べるだけで体脂肪が減る!顔のたるみも解消する!

食事の食べ方が体に及ぼす影響 というのは、思っているより

ba61c59bd16052cab689527e4637d0cb_s
正しいダイエットは運動1割・食事制限9割だった?

世の中にはたくさんのダイエット 法がありますよね。

kinniku_ude
筋肉にまつわるウソ・ホント。あなたはどれくらい知ってる?

  ダイエットをするとき、気になるのが

6cb0e88014e41855a86b402fb0d6fe83_s
簡単お腹痩せ!ひねりながら腹式呼吸するだけ!

私たちが絶えず行なっている呼吸。   単

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ