激しいダイエットで薄毛、肌荒れ、生理不順に?みんなの体験談

ダイエットを始めても、何をしていいのか

わからなかったり、これでいいのだろうか、

と悩むことってありますよね。

 

それゆえ、加減がわからずとても

激しいダイエットをしている人がいます。

 

 

過度な食事制限、栄養バランスの偏り、

精神状態を無視したダイエット。

 

これらは一応のダイエット効果が

見られるかもしれませんが、

 

伴って体に大きな悪影響を

与えることがあります。

 

 

では、実際に激しいダイエットをして

体の不調を起こしてしまった。

 

そんな人たちの声はどのようなものが

あるのか見ていきましょう。

 

 

1日1,000kcalのダイエット

 

都内在住のAさんはBMIの数値が17.1

 

正常値の18.5ー22.0より

かなり下回る数値です。

 

Aさんが行ったダイエットは

とにかく食事制限をすることでした。

 

 

朝食はヨーグルトにココナッツオイル、

アーモンドで約300kcal。

 

昼食はサラダとキッシュ。

夕食は会社帰りに食べるナッツのみ。

 

合計1,008kcalです。

 

1日の摂取カロリー1000KCalに減らしても痩せない原因とは?

 

 

彼女の体に現れた異変は生理不順でした。

 

なんと2ヶ月に1度しか生理が

こないというのです。

 

これはかなり異常な状態ですよね。

 

また体温が低く、重度の冷え性。

体力の低下も著しく、1時間も

歩くことができません。

 

合わせて読みたい記事↓
 

一気に痩せると老化も加速↓
 

 

Aさんは学生時代のトラウマがありました。

 

今より20キロも太っていたのですが、

当時は友人に「痩せたら?」という言葉を

数多く浴びせられてきたそうです。

 

その心のトラウマが今の過度な

ダイエットにつながっているといいます。

 

 

仕事ができないほどのめまい・たちくらみ

 

Bさんの行ったダイエットは

食事量を3割カットすること。

 

そして朝ごはんは食べず、昼と夜のみ

ご飯を食べるようにしたのです。

 

結果、体重は1ヶ月で5キロ減

Bさんはとても喜んだといいます。

 

 

ですが、一方で日中のめまい・たちくらみ

に悩むようになりました。

 

極端に食事を抜くのは良くありません↓
 

 

また仕事でも集中力が欠如し、効率が

とても落ちたと言います。

 

しまいには仕事をよく休むように

なってしまったのです。

 

 

それからというもの、Bさんは朝ごはんを

きちんと食べるようにし、

 

栄養バランスにも気を配るようにしました。

 

お肉などのタンパク質やご飯などの

炭水化物をカットしていたので、

その量を増やすようにしたのです。

 

少しずつですが体調が回復して

いったといいます。

 



 

過度な糖質制限ダイエット

 

今でも主流の糖質制限ダイエット。

 

これはその名の通り、ご飯やパン、

小麦などに含まれる糖質を

一定量に抑えるという方法です。

 

糖質は体のエネルギー源に

なるものですが、

 

制限することで大幅なカロリー

カットを期待できます。

 

 

そんな糖質制限ダイエットを

自己流で実践したのがCさん。

 

Cさんは無類の炭水化物好きで、

よくラーメンを食べていたそうです。

 

ですが、健康診断で検査に

ひっかかってしまい、

 

ダイエットを決意したのです。

 

 

Cさんが行ったのは全ての

炭水化物をカットすること。

 

とにかくご飯を食べない、麺を食べない、

パンを食べない。これを続けていくと

体重はみるみる減っていきました。

 

 

しかし、強いめまい、立ちくらみ

 

そして最終的には自力で階段を

上ることもできなくなるほど

強い症状を発症してしまったのです。

 

 

糖質は先に述べたように

エネルギー源となる栄養ですが、

 

急激なカットは車にガソリンを

入れないようなもの。

 

それでは体調不良を起こして

しまいますよね。

 

Cさんはその後、少しずつですがきちんと

炭水化物を食べるようになったといいます。

 

 

体の恒常機能

 

私たちの体には恒常機能があります。

 

これは今ある状態を保とうとする働きです。

 

 

 

なるべく体は今の体重を維持しようと

しているのですね。

 

そのため停滞期というものがあります↓
 

 

そして、状態変化が大きければ

大きいほど、体に負担がかかり、

体調不良を起こしやすくなります。

 

ダイエットをするとき、この

恒常機能を考える必要があるでしょう。

 

 

ダイエットの基本

 

ダイエットの最も基本的なことは

緩やかに行うことです。

 

緩やかに行う目的は先に述べた

恒常機能もありますが、

 

精神的ストレスの軽減という

意味もあるでしょう。

 

 

いきなり食生活が変わり、

運動を始めるとどうしても

ストレスがたまるものです。

 

それはリバウンドの原因

なることもあるでしょう。

 

 

ダイエットは今までの生活習慣の

改善なので、時間がかかることを

理解してください。

 

反対に負担がかかりすぎて、

 

日常生活もままならない

ダイエットをしても

意味がありませんよね。

 

 

体重が減った!とうれしくなっても、

ダイエットは本当の意味で成功は

していないのです。

 

 

ゆっくりと時間をかけて、

 

肉体的にも精神的にも負担がかからない

ダイエットをしてくようにしましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。