夏こそ温かい食べ物・飲み物が痩せる!

暑い夏を迎えると、無性に冷たいものを食べたくなりますよね。

アイスやカキ氷、そーめんやうどんなどさっぱりした食べ物が体を冷やし、心も軽くなるものです。

 

さて、確かに冷たい食べ物は体を冷やす効果がありますが、実はダイエットに不向きであることをご存知でしたでしょうか?

具体的には以下の理由があげられます。

1:内臓を冷やし、基礎代謝を低下させる

2:カロリーが高い食べ物(アイスなどの氷菓子)もある。

3:栄養価が少ない

 

例えば、夏場のアイスは際限なく食べられてしまいますよね。

このような理由から、ダイエットという面において夏場に冷たいものを食べることはあまりオススメできません。

実は夏場のダイエットは冷たい食べ物を食べるのはなく、熱い食べ物を食べることが効果的なのです。

では、その理由について詳しくみてきましょう。

 


夏場のダイエットで熱い食べ物を食べるべき3つの理由

77ab51e535ca19ad42c157079963784f_s - image

1:汗をかくことによる放熱効果

 

体の体温調節は汗で行われます。

体が熱いときは発汗し、体を冷やします。

熱い物を食べると汗がでますが、体は自然な形で体温を下げようとしています。

いい汗をかく人は痩せ、悪い汗をかく人は太る?

 

ポイントは「自然な形」ということ。

例えば、エアコンが効いた部屋によくいる人は体温調節機能が低下してしまい、上手く放熱できないなんてことがあります。

すると、基礎代謝が低下し、ダイエットを難しくしてしまうのです。

(関連記事↓

代謝を上げるには食べ物・運動・飲み物・サプリなどたくさん方法がある!

基礎代謝が高くても痩せない?痩せるには生活代謝が大事!

 

熱い物を食べ、汗をかき、自然な形で体の熱を発散する。

これがダイエット効果を向上させるのです。

 

 

2:夏バテを防止する

 

夏バテの原因は夏の外気温と体温の差が大きいということがあげられます。

エアコンが効いた部屋にいて、外出するとその温度に体が驚いてしまうのですね。

それが続くと体がバテてしまうのです。

 

反対に熱い物を食べ、きちんと体温調節機能が整っていれば、気温変化に対応することができます。

体調を維持することはダイエットをする上でとても大切なことです。

熱い食べ物を食べ、体の機能を向上させましょう。

 

 

3:血行促進効果

 

熱い物を食べると血行が良くなるのを感じますよね。

良い意味で心拍が上昇し、体中の血液が効率よく循環し、体の老廃物も取り去ります。

具体的には基礎代謝の向上、むくみの解消、細胞に栄養を届けるなどがあげられます。

むくみ改善、デトックス効果を望むならこちらもおすすめ↓

昆布水はデトックス効果抜群!便秘解消で肌がツルツルに!

5日で下腹-3.5㎝?朝のホットりんごが効く!

1日でー1.8キロの効果?食べ過ぎた翌日はリンゴ断食!

肝臓をあたためるとデトックス効果あり!糖や脂肪をスッキリ排出!

1分間の腎臓さすりで水太りを解消!

りんごダイエットの本当の効果は痩せるためじゃなくてデトックス?

夏は塩アロマ風呂で水毒デトックス!むくみ&冷えを解消!

ごま油マッサージでデトックス!やり方とその効果とは?

お風呂ダイエットで痩せる効果的な入浴方法とは?

お風呂ダイエットで痩せる理由とお風呂の基本ルールとは?

レギンス入浴ダイエットで2ヶ月で‐10kg、ウエスト-15㎝?

ぐっすり寝るための入浴方法!快眠はダイエット効果あり!

お風呂で太ももを細く引き締める&セルライト解消マッサージ法!

下半身むくみ解消に即効効くマッサージ法!3日で太もも―4センチ?

簡単!足のむくみ解消法&むくみをとる食べ物!

ふくらはぎを温めるだけで痩せる!むくみ解消・代謝もアップ!

 

ダイエット効果だけではなく、美肌効果も期待することができるでしょう。

 

 

 

 



 

では、どんなメニューを食べればいい?

082979 - image

夏に食べたい熱い食べ物。

では、具体的にどんなものを食べればいいのでしょうか?

オススメは以下です。

 

 

カレー

cbb906155a7d656449efddc0deb8588f_s - image

夏場のカレーといえば、誰もが汗をかくイメージを持っているかもしれませんよね。

熱いということにも加え、含まれているスパイスがより発汗作用を促してくれるでしょう。

カロリー半分!ダイエットカレーの作り方!

 

 

トムヤムクン

e69d0811748fd744d623f91d22d4b851_s - image

エスニック料理が好きな人はトムヤムクンをオススメします。

熱く辛いので、カレー同様発汗作用があります。

栄養も豊富に含まれているので、アンチエイジング効果も期待できます。

 

 

坦々麺

8757e541021064e9c78b1b807f80c4a3_s - image

熱い・辛いの代表的ラーメン「坦々麺」。

単に熱いだけではなく、唐辛子など辛味成分があります。

塩分や糖質量が気になりますが、「汗をかきたい!」というときはぜひオススメです。

ラーメン食べても1ヶ月に3キロ痩せるには?

 

 

火鍋

f97efdc319d9f87e73605de0a3a04a71_s - image

鍋を2つに区切り、唐辛子と白湯の2つのスープを楽しむ鍋です。

夏場に鍋?と思うかもしれませんが、その効果は大きく期待していいものでしょう。

 

 

スンドゥブ

739fd1b07cd39e473bd3f903240c8ada_s - image

韓国料理のスンドゥブも他の料理と同様、熱く辛い料理です。

お店で出されると熱くて最初は食べられませんよね。

ですが、暑い夏にはもってこいの食べ物といえるでしょう。

 

 

熱いお茶

e495b9882405b37b7c1ffeb52a0150f9_s - image

冷たい飲み物ばかりではなく、ティータイムには熱いお茶を入れてみましょう。

緑茶、紅茶などを熱い状態で飲めばダイエットに効果的ですよ。

緑茶・紅茶・コーヒーで痩せる飲み方!下腹ー6cmも可能?

ダイエット・美容効果のあるお茶まとめ!

美甘麗茶(びかんれいちゃ)はなぜ良い口コミばかりなの?

 

 

体の冷やし方・温め方

 

昔の日本の人は暑い夏の過ごし方を知っていました。

例えば、夏の旬の野菜は東洋医学的に体を適切に冷やす効果があり、エアコンがなくても体温を調節することができます。

 

もちろん、夏場に熱いものを食べることは、基礎代謝の向上、デトックス効果、美肌効果といったダイエットに良い影響を与えることも確かです。

しかし、現代の日本では文明が進み、食材に頼らず、エアコンなどで体を冷やすことができます。

アイスを大量生産できますし、好きなときに食べ物を食べられるようになりました。

 

今一度考えて欲しいのは体の冷やし方・温め方です。

体の調子をおかしくしてしまっては、ダイエットどころか健康も害してしまいますよね。

アイスばかり食べていると体が冷えすぎたり、肥満の原因にもなるでしょう。

 

食事に気を配り、体本来の機能を向上させること。

これがダイエットに大切なことなのかもしれませんよ。

この記事を読んだ人こちらもおすすめ↓

夏太りしてしまう人と夏痩せしてしまう人の違いとは?

夏はスイカダイエット!痩せる以外の驚きの効果とは?

夏ウォーキングを始める前の準備・注意点について知ろう!

夏が冬よりも太りやすい原因とは?夏太り解消法はある?

痩せにくい原因はクーラーや冷たい食べ物・飲み物だった?

 



 

食べ過ぎには注意を!

 

今回ご紹介したメニューは食べ過ぎてしまうとダイエットに向かない食材になってしまいます。

自分にあった適切な量や食品を把握するのは並大抵の努力では実現できません。

 

そんな悩みを解決してくれるのがパーソナルジムの「24/7ワークアウト」です。

「24/7ワークアウト」は担当トレーナーが毎食の食事管理を行ってくれるので実践している食事方法が間違ってないのか確認しながらダエットに取り組めます。

また、パーソナルジムなので無酸素運動の筋トレとダブルの効果で大幅なダイエットを実現してくれます。

 

「パーソナルジムなら費用が高額なのでは・・・」

と心配される方もいらっしゃると思いますが決してそんな事はありません。

なぜなら他社のパーソナルジムに比べて10万円以上安く通う事が出来るからです。

 

そして2か月間毎日の食事指導と週2回のトレーニングという内容を考えれば高いでしょうか?

大幅なダイエットに成功リバウンドしないのであればむしろ安いとさえ感じられるはずです。

 

当ブログライターのみほさんも「24/7ワークアウト」に入会するのを悩まれていましたが、自分を変えたいと決意し入会されました。

結果、劇的に体重が落ち今でもリバウンドはされていません。

 

一度みほさんのビフォーアフター写真をご覧下さい。それから受講料が高いのか安いのか判断して頂きたいです!!

【インタビュー】24/7ワークアウトに2ヶ月間チャレンジした結果がスゴイ!

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。