夏ウォーキングを始める前の準備・注意点について知ろう!

098697 - image

ウォーキングは手軽に始められる運動です。ダイエット効果も十分期待できます。

それ以外にも体の抵抗力や体力の向上にも繋がるので、日常生活にぜひ取り入れたいものです。

 

さて、これからの暑くなるシーズン。

春とは違って、気温がどんどん上がりますから、ウォーキングに関して注意しなければならないことがいくつかあります。

 

では、夏ウォーキングで準備すべきことや注意点について具体的にみていきましょう。

 


夏ウォーキングの3つの注意点

77ab51e535ca19ad42c157079963784f_s - image

夏ウォーキングでは3つの注意点があります。

それは・・・

紫外線

時間帯

熱中症

です。

 

特に3つ目の熱中症は時として命の危険もあるので十分な注意が必要です。

では、それぞれの注意点と準備・対策についてみていきましょう。

 

 

紫外線

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s - image

太陽から降り注ぐ紫外線はシーズンごとにその照射量が異なります。

そして、四季の中でも夏が最も多くなり、体に様々な影響を与えることがあります。

身近なところで言えば日焼け

日光に当たっている時間が長ければ長いほど、肌はより黒くなってしまいますよね。

その他、シワ、シミ、そばかすといった肌のトラブルの原因にもなることがあります。

女性には大敵といってもいいかもしれません。

 

→紫外線の準備・対策

 

1:日焼け止めをきちんと塗る

夏ウォーキングに限らず、夏場に外に出るときは、日焼け止めをきちんと塗るようにしましょう。

また、曇っていたり、涼しい時間帯でも紫外線は降り注いでいるので、日焼け止めを塗ることをオススメします。

 

 

2:紫外線グッズでカット対策を

 

夏場ですと着ている服は薄くなりがちですよね。

しかし、その分、紫外線も透過してしまうので注意が必要です。

最近の衣類はUVカットを目玉にしているものもありますよね。

UVカット衣類、帽子、サングラスをきちんとつけて、夏ウォーキングをするようにしましょう。

 

 

3:なるべく日陰を歩く

 

日光が照っている場所や道だけを歩くのではなく、意識して日陰を歩くことも夏ウォーキングのコツです。

日陰と日向では、やはり紫外線のダメージがだいぶ違います。

なるべくなら涼しい木陰がある公園などを歩くのが良いでしょう。

また、適宜休むことも忘れないようにしましょう。

(こちらの記事も合わせてチェック↓

痩せたのに急激に老ける原因とは?老けないための方法とは?

ダイエットによってできた肌のシミを消す食材はコレ!

ダイエットでできたしわ・たるみの原因&改善方法!

 

 

 



 

 

時間帯

113674 - image

夏場は1日の中で紫外線の照射量や温度が大きく異なります。

特に昼の12時から14時までの間は紫外線・温度共に最高値となります。

この時間帯のウォーキングはなるべく避けるようにしましょう。

 

→オススメの時間帯とは?

 

オススメの時間帯は朝早く、もしくは夕方の涼しくなってからの時間帯です。

 

早朝は太陽が上がりきっていないため、気温もそれほど高くなく、紫外線量も少ないですし、夕方も太陽が沈むとともに、紫外線量も少なくなり、気温も下がり始めます。

最も高い12~14時は避けることは大前提ですが、夏場は朝9時くらいから紫外線量はぐんぐん上がり始めているので、朝ウォーキングするなら、9時までには終えていることが理想です。

そして夕方。夕方なら16時以降がオススメです。

14時からどんどん紫外線は下がり始めますが、やはり夏場はまだまだ強いもの。

なるべく紫外線を浴びたくないなら、16時以降、もしくは夜ウォーキングするのがオススメです。

その際は、紫外線対策も忘れずに行いましょう。

(運動して効果的に痩せる時間帯を知りたい人はこちら↓

運動して効果的に痩せるのは食後?食前?時間帯は朝?夜?

食後の運動は何分後が効果的?1週間で3キロ以上痩せるやり方!

 

 

熱中症

080587 - image

夏ウォーキングにおいて、最も気をつけなければいけないのが熱中症です。

熱中症とは体の体温調節機能が低下してしまい、上手く放熱できない状態をいいます。

 

痙攣やめまい、立ちくらみ。

 

症状が進行すると意識混濁といった深刻な症状を招きます。

 

毎年死者もでるほどですから、よほどの対策をする必要があるでしょう。

 

 

→熱中症の準備・対策

 

紫外線対策と同じで、まずは暑い時間帯を避けることが大切です。

先に述べた朝早く、もしくは夕方の時間帯に運動をするようにしましょう。

水分を持ち歩くことも大切です。

ちょっとのウォーキングや比較的涼しい時間帯でも万が一に備えてペットボトルを持ち歩くようにしましょう。

 

服装に関してもなるべく汗をきちんと吸収し、発散するものを選びましょう。

夏場は特に汗が出るものですから、汗の吸収の悪い服は熱中症の元になります。

 

また、当たり前ですが体調が悪いときはウォーキングをしないようにしてください。

体調不良のときほど熱中症にかかりやすくなるので、きちんと体の声を聞くようにしましょう。

(その他の夏ダイエット関連記事はこちら↓

夏太りしてしまう人と夏痩せしてしまう人の違いとは?

夏はスイカダイエット!痩せる以外の驚きの効果とは?

夏こそ温かい食べ物・飲み物が痩せる!

夏が冬よりも太りやすい原因とは?夏太り解消法はある?

痩せにくい原因はクーラーや冷たい食べ物・飲み物だった?

いい汗をかく人は痩せ、悪い汗をかく人は太る?

 

 

無理をしないことが大切

110317 - image

夏ウォーキングは他の季節とはかなり環境が異なりますよね。

 

気温が高いだけではなく、湿度が高いこともありますから、いつも以上に注意を払う必要があるでしょう。

ウォーキングは健康やダイエットにとても効果のある運動法ですが、無理をして体調を崩してしまっては意味がありませんよね。

特に夏場はただでさえ体調を崩しやすいものですから、十分な注意が必要です。

毎日ウォーキングをしていく中で、きちんと体の状態を見極めるようにしましょう。

体調が悪かったり、外が暑かったり、気分が乗らなければ休むことも大切ですよ。

ぜひ、十分な管理をして夏ウォーキングをしてくださいね。

その他ウォーキング関連記事はこちら↓

水中ウォーキングの効果と時間ごとの消費カロリー!

ウォーキングダイエットで痩せない人の原因はたった2つ!

ウエストがくびれるウォーキングの歩き方!2ヶ月で‐10センチの効果?

ガムを噛みながらウォーキングするとダイエット効果がアップ?

ウォーキングダイエット成功者から学ぶ成功するためのコツとは?

ウォーキングダイエットで痩せた成功談とその秘訣!

ウォーキングで10キロ痩せるための期間と摂取カロリー!

ウォーキングを飽きずに楽しく続ける方法!

 



 

夏のウォーキングが辛いなら・・・

 

ウォーキングのような有酸素運動は長く続けることが重要。

その点は伝わったかと思いますが、やはり長期的に継続する事が一番の難点です。

暑い中しっかり体調を見ながら行ってもダイエット効果が薄ければ尚更続かないですよね・・・

そこでご紹介したいのはパーソナルトレーニングで大幅なダイエット効果が期待できる「24/7ワークアウト」です。

 

パーソナルトレーニングはいわゆる筋トレでダイエットを行うものです。

「えっ?ダイエットには有酸素運動が効果的ではないの?」

と疑問を持たれると思いますが、徹底した食事管理と自分に合ったトレーニングを行えば無酸素運動の筋トレでもダイエット効果は十分期待できます。

 

ちなみに当ブログライターのみほさんも2か月間「24/7ワークアウト」に通われましたが驚くほど体重が減っています。

しかも、ただ体重を落とすだけでなく体脂肪率・内臓脂肪・BMIなどすべてにおいて数値が減少しているんです。

 

ダイエットで体重が減少するだけでなく、体全体の健康も手に入れられる「24/7ワークアウト」は行くべきパーソナルジムです。

みほさんの変化した体型を見ればきっと自分も努力したくなるはずです!

【インタビュー】24/7ワークアウトに2ヶ月間チャレンジした結果がスゴイ!

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。