体に良い・低カロリーとうたわれる食べ物には要注意?

公開日: : 最終更新日:2017/03/15 ダイエット知識



昨今の健康ブームの中、様々な

キーワードが飛び交うようになりました。

 

 

「特定保健用食品」「トクホ」

「減塩」「無添加」・・・・・・

 

どれも健康に良さそうなキーワードですよね。

 

 

これら表示のある食べ物は一見して

 

体の健康上の悩みを解決して

くれそうに思えます。

 

 

血糖値の上昇を緩やかに

するのを助ける、

 

血中コレステロールを保つのを

手助けするというのもあります。

 

 

では、果たしてこれら食品は

本当に体に良いのでしょうか?

 

反対に害はないのでしょうか?

 

その本当の姿についてみていきましょう。

 

Sponsored Link

健康のため?商品のため?



体に良いとうたわれている食品は

果たして本当に健康なのかどうか。

 

この疑問を抱くことが、食品に

対する大切な姿勢だと思います。

 

常識を疑うということですね。

 

 

身近な例をあげれば特定保健用食品

というものがあります。

 

 

これは特定の保健的効果を

もたらす食品を示すもので、

 

具体的には血圧やコレステロールを

安定化させることをサポートします。

 

 

 

問題は「手助けをする」ということ。

 

 

直接的な効果を期待することは

なかなか懐疑的な部分があるのです。

 

それだけ摂取していれば血圧が

下がるというわけではないのですね。

 

 

 

一方で昨今の健康ブームの中、

特定保健用食品」という記載が

 

商品の売り上げに大きく左右する

ことがあります。

 

 

消費者は「体に良さそう」という

基準で商品を選びますが、

 

その効果を実感するには普段の食生活や

運動にも気を付ける必要があります。

 

ですから「トクホ」だからといって

効果を過信しずぎるのは注意が必要です。

 

 

 

コストを下げるための食品添加物



スーパーに行くと加工食品がズラリと

並んでいますよね。

 

菓子パン、冷凍食品、インスタント食品。

 

これらには例外なく「食品添加物

が含まれています。

 

 

食品添加物とは味や見た目を良くしたり、

保存期間を延ばすといった目的で使われます。

 

 

忙しい現代社会人にとって、

食品添加物は切っても切れない

ものとなりました。

 

 

一方でその弊害もあります。

 

 

例えばジュースに含まれる

果糖ブドウ糖液糖

 

これはトウモロコシのでんぷんを

分解して作られます。

 

製造コストが安く、企業にとっては

大きな助けとなっています。

 

 

しかし、トウモロコシには糖分が

多く含まれており、

 

糖の摂りすぎは

生活習慣病に繋がります。

 

高血糖、肥満、心臓病は糖の

摂りすぎによって起こりますから、

 

継続的な摂取には注意が必要です。

 

 

Sponsored Link


 

食品添加物の功罪

 

食品添加物が「」というのは

言いすぎな結論です。

 

 

仕事が忙しく、自炊が難しいという人は

添加物なくして食事をすることは

少々厳しいものがあるでしょう。

 

 

ですが、食品添加物の摂りすぎが、

健康に被害を与えることは事実です。

 

 

食品添加物は人工的に作られた

化学物質であること。

 

そのことには変わりはありません。

 

 

便利な一方でリスクがあること。

 

このことをきちんと理解して添加物とは

付き合う必要があるでしょう。

 

 

無闇やたらに食べていると、

そのツケは何十年もあとに

なってやってくるのです。

 

 

 

舌の感度を下げる添加物



個人的な話ですが、添加物について

こんな体験をしたことがあります。

 

 

それは舌の感度が下がるという現象。

 

これは一体どういうことなのでしょうか?

 

 

先に述べた果糖ブドウ糖液糖など、

 

甘い物を日常的に食べていると

舌がそれに慣れてしまいます。

 

 

その他、添加物に関しても舌の機能を

低下させることがあります。

 

 

このため、普通の人が甘いと感じるものでも、

私自身は甘くないと感じてしまうことがあるのですね。

 

 

それを繰り返していくと、

 

どんどん糖の摂取量が増えていき、

体の健康が害されてしまうのです。

 

 

これは塩分に関しても同じことが

言えるでしょう。

 

インスタントラーメンなどの

しょっぱいものばかり食べていると、

 

普通の食事では塩気が足りないように感じます。

 

これもまさに舌の感度が下がっている証拠です。

 

 

舌は体を異物から守る最前線のセンサーですが、

 

その感度が下がってしまうと

摂取しているものの量や味が

分からなくなってしまいます。

 

 

その結果、糖質、塩分量が増え、

病気の原因になることがあるのです。

 

 

 

 

食事の本質とは

 

旅行で田舎に行ったとき、素朴な味の食事を

すると美味しいと誰もが思います。

 

その美味しさの原点は自然の素材を

使っているからでしょう。

 

 

誰しも食材本来の味を知っています。

 

 

無添加で自然に作られた食事のほうが、

体にとって良い影響を与えてくれます。

 

食事をするとき、このことを

忘れてならないと思います。

 

 

仕事が忙しいから食事がおろそかになる。

 

 

食事を作るのが面倒だから、

インスタント食品に頼る・・。

 

 

ある種現代社会の当たり前の図と

いえばそうなのですが、

 

あまりに依存しすぎると体は

病気になってしまいます。

 

 

今一度、食べているもの、口に

しているものを見直すことが大切です。

 

 

食事に少し意識を向ければ

生活習慣病から解放され、

 

よりよい生活を送ることが

できるでしょう。

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日5分のリンパマッサージでバストアップ!デコルテもキレイに!

前回に引き続き今回もリンパマッサージ法 をご紹介します。

1日5分のリンパマッサージで引き締まったヒップラインになれる!

これまでもリンパマッサージについての 記事を書いてきまし

リンパマッサージでお腹痩せ!下腹がへこむ!ウエストもくびれ!

これまでもリンパマッサージに関する 記事を書いてきました

1日10分!全身リンパマッサージダイエットでサイズダウン!

前回の記事の続きになります。今回は 基本的な全身リン

リンパマッサージはただもむだけでは効果半減?正しいやり方とは?

前回ではリンパマッサージの効果・ メリットについて書きま

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ