痩せやすい体を作るための11の方法!太らない人はこれができている!

公開日: : 最終更新日:2016/01/06 ダイエット知識


ダイエットといえば、

運動に食事制限、

まず、これにつきますよね。

 

しかし、

いくら運動しても食事制限をしても、

なかなか体重が落ちない・・・。

 

こんな人はいませんか?

 

実はそういった人は、

痩せやすい体を作るための

方法を知らないからなんです。

 

知らずにただやみくもに、

無理な運動、食事制限をしても

なかなか成果は出ません。

 

効率的に痩せるには、

痩せやすい体を作るための

方法を知ることがまず大事です。

 

今回この記事ではその具体的な方法を

紹介していきます^^

Sponsored Link

痩せやすい体を作るための11の方法!



今回は痩せやすい体を作るための方法を

全部で11個紹介しますが、

 

特別なことではなく、

どれも基本的なことばかりです。

 

しかし痩せない人の多くは

 

意外にこれができていません。

 

これを守れば劇的に痩せやすい体に

 

変わってくことでしょう^^

 

では早速ご紹介します。

 

 

1.3食きちんと食べている

 

まずはこれ。最近は、糖質制限や、

断食など、様々なダイエット法が

考案されていますが、一番簡単なことは

3食きちんと食べることです。

 

食べないと痩せるというのは

大きな間違いで

食べない方が太るんです。

 

その理由としては、食べないことで

空腹時間が長くなり、体が脂肪を

溜めこみやすくなることと、

空腹に耐えきれず、ドカ食いしてしまう

ということです。

 

ダイエットストレスでドカ食いを防ぐための対策法!

ストレス食いどうすれば止められる?みんなの体験談!

 

 

 

特に朝食は大事で、朝食を抜くと、

頭が働かないのでエネルギー消費率が

悪く、代謝も下がります。

 

朝食を摂る人に比べ、摂らない人の方が

4.5倍も肥満になる確率が高くなる

というデータも出ているくらいですから、

朝食は必ず摂りましょう。

 

関連記事↓

ダイエット中にオススメの朝食メニューは?

ダイエット中の朝食は白湯と果物がおすすめ?その理由とは?

 

 

 

2.栄養バランスよく食べること

 

この「栄養バランスよく食べる

という言葉は、ダイエットしている人なら

耳にタコができるほど聞いた言葉では

ないでしょうか?

 

よく、痩せない人はカロリーばかりを

気にして、食事の質を考えていません。

 

低カロリーの野菜や豆腐、こんにゃくばかり

食べる人がいますが、痩せるためには、

肉、油、炭水化物も適度に必要です。

 

参考記事↓

カロリーを減らしても栄養バランスが悪いと太る?

ダイエットに良い食べ物とは?低カロリーなものより質が大事!

 

肉は筋肉を作り、炭水化物は脳を

動かすためのエネルギー源となり、

油は肌をキレイにし、腸の動きを

活発にしてくれます。

 

これらを避けると、痩せにくく、

例え痩せたとしても、ガリガリのだらしない

体型になってしまいます。

 

お米はダイエットの味方↓

お米食べるダイエットで2週間でー4㎏も痩せる?その理由とは?

 

お肉ばっかり食べても

痩せられるダイエット法も

あるくらいです↓

肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50キロ痩せた?

 

 

 

 

 

3.摂取カロリー<消費カロリー

 

単純に考えて、痩せやすい人は、

この計算ができています。

 

消費カロリーを増やすには

運動が一番ですが、

 

運動で消費できるカロリーは

意外に少ないもの。

 

参考記事↓

ウォーキングダイエットで痩せない人の原因はたった2つ!

水泳ダイエットで痩せない・太る人の3つの原因。

縄跳びダイエットは痩せない?欠点の多い有酸素運動?

水中ウォーキングの効果と時間ごとの消費カロリー!

簡単に踏み台昇降の効果を上げるやり方とは?(時間・速度・高さ)

ランニング毎日1時間やっても痩せられない人の理由。

 

 

ですから、運動は適度にするくらいで、

摂取カロリーを調節した方が

実は簡単なんです。

 

といっても極端にカロリーカット

する必要はなく、

 

自分の基礎代謝量を計算し、

1日の消費カロリーを出します。

 

その消費カロリーより、

摂取カロリーを下回るようにすれば

確実に痩せていくということです。

 

参考記事↓

自分の1日の太らない摂取カロリーを知る方法とは?

運動なしで楽に1ヶ月3キロ痩せるためのダイエット法!

 

 

4.温かい食べ物・飲み物を摂る

 

体を温めることは痩せるうえで

非常に重要です。

 

体が冷えた状態では、血流が悪いので、

脂肪や老廃物が排出できず、太りやすい

体になるというわけ。

 

特に女性は男性に比べ、体温が低く、

冷え性になりやすい傾向にあるので、

冷やさないに十分注意しなければいけません。

 

お風呂でも温まることができますが、

体の中から温まるには、食べ物や飲み物から

摂取することが有効です。

 

冷え性を改善する食べ物・飲み物とは?温めただけではダメって本当?

 

 

 

生野菜ではなく、温野菜、冷たいジュース

ではなく、温かいお茶、生姜や、唐辛子など

辛いものをスープなどに入れて飲むのも

効果があります。

 

 

 

 

 

5.よく噛んで食べる

 

人間の脳には、満腹中枢という

器官があります。

 

満腹中枢は、食事をして血糖値が

上がったことを感知すると、

もうお腹いっぱい」という

指令を出し、人は満腹感を得ます。

 

ただ、満腹中枢が血糖値の上昇を

感知するまでには20分程度かかる

言われており、

 

その前に食事を終えてしまうと、

満腹中枢が働かず、満腹感を

得られないので、必要以上に

食べてしまうようになります。

 

ですから食事をするときは

20分以上かけて、

ゆっくり噛むことが大事です。

 

こうすることで余分な摂取量を

抑えることができるようになります。

 

噛むダイエット成功口コミ!半年で‐10キロ痩せた人も!

 

 

 

 

6.太りにくい時間帯を知る

 

人間には太りやすい時間と

太りにくい時間があります。

 

その原因は活動時間と

休息時間にあります。

 

単純に考えて、活発に動く

朝~昼はエネルギー消費

しやすく、あまり動かなくなる

夜はエネルギー消費

しにくくなります。

 

つまり、夜食べると太りやすく、

朝~昼食べると太りにくい

ということです。

 

具体的な時間をあげると、

太りにくいのは、

午前6時~午後18時くらいまで、

 

逆に太りやすいのは18時以降~

午前3時くらいまで。

 

ですから、できれば18時までに

 

食事を済ませるのが理想的と言えます。

 

関連記事↓

18時以降食べないダイエットに痩せる効果はないって本当?

 

そして夜は体が休息モードになり、

エネルギー消費率が下がるので、

 

エネルギー源となる炭水化物は

控えめにした方が、

脂肪が溜まりにくくなります。

夜遅くに食べても太りにくい食べ物はコレ!

 

ただし、完全に抜くことはNG↓

夜抜きダイエットは痩せない?逆に太るという事実。

 

 

 

Sponsored Link


 

 

 

7.姿勢を良くする

 

姿勢が悪いと、骨盤が歪みます。

 

骨盤が歪むと、本来あるべき

正しい位置に脂肪や内臓が

おさまらなくなり、

 

そのおさまりきらなくなった

内臓や脂肪がお腹、お尻、太もも

などに溜まるので、結果脂肪が

つきやすく、痩せにくくなります。

 

ですから立つとき、歩くとき、

座るときなど常に正しい姿勢を

心がけることが大事です。

 

姿勢を良くするだけでも、

骨盤が矯正されるので、

痩せやすい体になれるのです。

 

合わせて読みたい記事↓

1日10分の骨盤矯正体操で下半身がみるみる痩せる!

骨盤のゆがみを直すだけで得られる7つの効果とは?

猫背はモテない?1回で効果抜群!猫背改善ストレッチ!

 

 

 

 

8.適度な運動をする

 

ダイエットに運動は欠かせません。

 

ただ、運動だけで大幅に脂肪を

燃焼するのはかなり大変です。

 

確かに有酸素運動などは

脂肪燃焼効果がありますが、

 

早い速度でウォーキングしたとしても、

1時間に消費せきるカロリーは

270kcal程度。

 

1キロ痩せるには、7200kcal消費

しなければいけないと

言われていますから、

 

ウォーキング1時間を26日間続ければ

1キロ痩せる計算になります。

 

大変なわりにはあまり消費カロリー

が期待できないですよね。

 

ですから、運動をする意味は、

基礎代謝を上げること、

引き締めること、

 

食べ過ぎてしまった分を

消費する目的と考えて

行った方がよいでしょう。

 

運動だけではなかな痩せません↓

 

 

 

 

9.お風呂に入る

 

お風呂に入らずシャワーばかりで

済ますと、体が温まらず、

代謝が下がります。

 

冷えて代謝の悪い体はなかなか

痩せることができません。

 

ですからお風呂に入って体の芯から

温まって代謝を上げることが大事です。

 

お風呂ダイエットで痩せる効果的な入浴方法とは?

お風呂ダイエットで痩せる理由とお風呂の基本ルールとは?

 

 

 

 

10.痩せやすい時期を知る

 

これは女性に言えることですが、

 

女性には痩せやすい時期、

太りやすい時期というものがあり、

その原因は生理周期にあります。

 

生理周期によって、代謝が

上がったり下がったりし、

水分を溜めこみやすくなったり、

ストレスを感じやすくなったりなど、

様々な体の変化が起こります。

 

ですから、きちんとそのサイクルを

知ることが効率的に痩せるためには

重要になってきます。

 

まず、痩せにくく太りやすい時期というのが

生理の10 日前ぐらい~生理中です。

 

代謝が低下し、水分を溜めこみやすい

状態になっています。

 

ですから、食べ過ぎには注意しつつ、

ダイエットは無理せずお休みしましょう。

 

そして、痩せやすい時期というのが

生理が終わってから約1週間前後です。

 

代謝が上がり、水分や老廃物が

排出しやすい状態になっています。

 

ですからこの時期に運動や食事制限を

頑張ると結果が出やすくなります。

 

生理関連記事↓

生理中食べても太らないのはウソ?本当?

短期間ダイエットは生理不順の原因に!不妊症などの病気になる!

豆乳ダイエットのデメリット!生理不順・生理痛の原因に?

豆乳ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い!成功するための秘訣は?

 

 

 

 

11.十分な睡眠を摂る

 

睡眠不足はお肌に悪い

ということはよく

言われていますが、

実は痩せにくくなる

原因にもなります。

 

睡眠中には2つのホルモンが

分泌されていて、それが

コルチゾール成長ホルモン

 

コルチゾールは、睡眠中に

体脂肪を分解してエネルギーを

作りだすホルモンで、

 

成長ホルモンは肌細胞修復や

脂肪燃焼作用のあるホルモンです。

 

睡眠不足になると、この2つの

ホルモンがうまく分泌されず、

肌荒れになったり、脂肪を

溜めこみやすい体に

なってしまうのです。

 

ですからこの2つのホルモンを

 

うまく分泌させるには、

 

夜10時、遅くとも午前0時~朝6時まで寝るのが

最も理想的な睡眠時間帯です。

 

1日7時間寝るだけで痩せる?一晩で300KCalの消費になる?

ぐっすり寝るための入浴方法!快眠はダイエット効果あり!

 

 

いかがでしたか?これらのことを

守れば、劇的に痩せやすい体に

なれるはずです!

 

頑張って実践してみましょう(*^-^*)

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s
2週間で腹周り-8cmにした2つの食材&エクササイズ法!

短期間でウエストを細くしたい、 それも楽に...ダイエッ

137068
女性は炭水化物抜きダイエットは痩せにくい?その理由とは?

炭水化物抜きダイエットは ダイエットの中でもメジャー

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba
チーズで血糖値が下がる?便秘解消・ガン予防にも?

身近な食材が健康に大きく 貢献してくれることがあり

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s
2週間でウエスト―20.5cm?!驚きのエクササイズ法とは?

ウエストを細くしたり、 くびれを作りたい。 &nb

oi
オチョダイエットの効果がすごい!2週間でウエスト-15cm?

腰を動かすダイエットはたくさん ありますよね。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ