肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50キロ痩せた?

昨日、本屋さんに行ったら、こんなタイトルの本を見つけました↑

肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました

「1年で50kg」という数値に思わず購入してしまいましたが、内容はまさに目からウロコでした。

 

特に糖質制限ダイエットをしている方に是非読んでほしい内容になっています。

 

では早速、どんな内容なのか、そしてこのダイエット効果とはどのくらいのものなのか?

ご紹介していきたいと思います^^

 

私も既に体験済みです↓

 

 

肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50キロ痩せた?

6cb0e88014e41855a86b402fb0d6fe83_s - image

この、肉・卵・チーズをたっぷり食べるダイエット法はこのブログでもすでに書いちゃっているんですが↓

お腹いっぱい食べても痩せるダイエット法?1ヶ月で5キロ以上も可能?

 

本を読んでさらにこのダイエット法のすごさに驚いたので、改めてまた書くことにしました^^

 

まず、この本に書かれている肉・卵・チーズ中心の食事のことを、MEC(メック)食と言います。

M・・・meat (肉)

E・・・egg     (卵)

C・・・cheese   (チーズ)

 

基本的には肉・卵・チーズ中心に食べ、糖質は極力控えるというのがこのMEC食です。

 

「え、それって糖質制限ダイエットじゃないの?」

 

確かにそうですが、みなさんがやっている糖質制限ダイエットは、とにかく糖質を控え、それ以外なら何を食べても良いというのがルールになっていると思いますが、MEC食の場合は、糖質を控え、肉・卵・チーズをたっぷり食べるのがルールなので、似ているようで少し違います。

 

さらに、MEC食にはあるポイントがあります。

 

後の方でそれは詳しく説明しますが、その前にこのMEC食を実践したこの本の著者である椎名マキさんが、タイトルにもあるように1年で50キロものダイエットに成功していることについて紹介していきたいと思います。

 

1年で50キロって、並大抵の数値じゃありませんが、果たして本当にMEC食の効果なのかといえば、よくよく本の内容を読んでみると、

最初の-35キロは、多くの人が行っている糖質制限ダイエットで落としたそうです。

 

で、残りの15キロがMEC食。

この数値の結果を見ると、「なんだ、やっぱり糖質制限ダイエットの方が痩せるじゃん」となってしまいそうですが、実は糖質制限ダイエットには大きな落とし穴があることを著者の椎名さんは、本の中で語っています。

 

だからこそ、途中でMEC食に切り替えて、結果的に糖質制限ダイエットよりMEC食を推しているわけなのですが、果たして糖質制限ダイエットの大きな落とし穴とはなんだったのか?

次で解説していきます。

 

 

糖質制限ダイエットの落とし穴

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s - image

糖質を抑えることで痩せるのは、糖質による血糖値の上昇を防ぐことが1番の理由です。

 

大げさに言えば、血糖値さえ上げなければ太るということはないと言っていいほどです。

ですから、多くの人がこの糖質制限ダイエットで、大幅な減量に成功できているのです。

 

そして、今回紹介した本「肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました」の著者、椎名さんも、当初は糖質制限でー35キロまで体重を落とし、糖質制限ダイエット成功者の一人でした。

 

しかし、大幅に体重は減ったものの、様々な不調が体に起こるようになったらしいのです。

その不調とは・・・
  • ひどい冷え性
  • 立ちくらみ
  • 血尿
  • 低血圧
  • 生理不順
  • 便秘
  • etc・・・
 

さらに、順調に減っていた体重も停滞し始めたのです。

 

そこで椎名さんは、さらに低糖質、低脂質、野菜中心のヘルシーメニューに強化。

 

とにかく最初に野菜をモリモリ食べてお腹を膨らませ、メインは最後にほんの少しという食べ方にしたそうです。

 

このおかげで体重も再び減り始めたんですが、常に頭の中は食べ物のことでいっぱいだったそうです。

太りたくない

食べたら太る

 

ということで、体重は減っているけどただひたすら、我慢との闘いだったとか・・・。

そしてある日、ついに限界がきて、ドカ食いを起こしてしまったのです。

 

椎名さんは本に「食べても食べても満たされず、1度食べると止まらなかった」と書かれています。

 

なぜこうなってしまったのか?

無理に糖質を控えたせい?

私は結局これだと思うんですが、

 

この本ではその理由についてこう書かれています。

 

 

糖質は必要栄養素ではない?

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s - image

なんと、この本にはきっぱり炭水化物=糖質は必要栄養素ではない!ブドウ糖は脳の唯一のエネルギーは完全な間違い!と書かれていました。

 

そして、食べても食べても満たされないのは、糖質不足のせいではなく、タンパク質、脂質不足だということです。

これ、はっきり言って信じがたい事実ですよね(^_^;)

 

だって、散々このブログでも糖質は必要栄養素って述べてきましたから・・・。

 

これを認めたら、今まで書いてきたこと全部否定することになっちゃいますし、何十年も前、いえ今現在も糖質は人間にとって必要な栄養素ということは栄養士や医者も言っていることで、何より、ご飯しっかり食べて、私は順調に体重が減っているんで、ここはちょっと認めたくはないというのが正直なところ・・・。

 

じゃあ、この事実は間違い?って言われると、そうではないと思います。

 

どっちが正しいかを知るには実際に試してみることです。

 

炭水化物=糖質は必要栄養素ではない!とは言っても、実際ご飯をしっかり食べてキレイに痩せている人はたくさんいますしこの本の著者のように肉や卵やチーズたっぷり食べて、キレイに痩せている人もいます。

あるいはどちらでも痩せることの出来る人だっているでしょう。

 

ですから、私的には、糖質を控えて痩せるのも、控えなくても痩せるのもどっちも正しいと思います。

 

私の場合、お肉とご飯はセットで食べないと物足りなさを感じてしまうので、一緒に食べていますが、体重はゆるやかに減っています。

 

このことからも、人それぞれであってどっちが間違いでどっちが正しいということは言えないでしょう。

 

ただ、糖質制限で失敗したとか、どうしてもご飯や麺類を食べ過ぎちゃって太ってしまう人はこのMEC食を試してみる価値はあるでしょう。

 

何よりこのMEC食を実践した椎名さんの効果がとてもすごいんです。

 

 

MEC食で驚くほどキレイで健康に痩せた?

cropped-090957 - image

まず、このMEC食で15キロ減った著者の椎名さんですが、1番注目したいのは、ただ体重が減っただけではないということ。

 

MEC食を実践するようになってこのような効果があったそうです。

 

●初日に肉300g、卵3個、チーズ120g(ベビーチーズ8個分)を食べたにも関わらず、次の日1キロ体重が減る!

 

●驚くほど腹持ちが良く、甘い物や炭水化物などがほとんど欲しくなくなった。

 

●野菜をモリモリ食べても便秘だったのに、一気に解消。

 

さらに糖質制限ダイエットで起こった様々な不調も↓
  • 冷え性
  • 立ちくらみ
  • カサカサ肌
  • 手のささくれ
  • 低体温
  • 低血圧
  • 花粉症
  • 生理不順
  • 血尿
  • 抜け毛・白髪
  • 虫歯
  • イライラ
 

これら全てが解消されたそう!

 

糖質制限ダイエットではただ体重が減る、やつれた痩せ方で、しかも体もボロボロでしたが、MEC食ではキレイに健康的に痩せることができたわけです!

 

なぜMEC食でキレイに痩せられるの?

 

MEC食でも糖質を控えるので、一見糖質制限ダイエットと一緒に思えるんですが、糖質制限ダイエットの場合、我慢して糖質を抑えるのに対し、MEC食では肉・卵・チーズをたっぷり食べることで、十分な満腹感を得られるので、

 

我慢して糖質を抑えるのではなく、自然と糖質を食べなくても済むようになるということで、ここが糖質制限ダイエットとの大きな違いになります。

 

ですからMEC食にはドカ食いの反動が起こりにくくなります。

ではそもそも肉・卵・チーズを食べて、なぜこんなにも満腹感が得られるかといえば、人間にとって必要な栄養素は

タンパク質

脂質

ビタミン

ミネラル

この4つになり

 

人間は必要な栄養素をきちんと摂れば無駄に食欲は起こらなくなるのだそうです。

 

だから、MEC食には無理する、我慢するというのがないのです。

 

そして、脳のエネルギーになると言われる糖質は必要な栄養素ではないとのこと。

 

それは、脳は体内の脂肪などから合成される「ケトン体」という物質で働くことができ、さらに、体内からブドウ糖がなくなると、自分でブドウ糖を作りだすこともできるのだそう。

 

つまり簡単に言うと、糖質なんてあまり摂らなくても、脳は動くことができるし、いざとなったら自分でブドウ糖も作れるので心配ないってことですね。
  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミン
  • ミネラル
さえきちんと摂っていれば健康に問題ないわけです。

 

さらに肉・卵・チーズを食べるとビタミン・ミネラルも一緒に摂れてしまうので、野菜や大豆製品なんかもモリモリ食べる必要はないと書かれています。

 

まさに、肉・卵・チーズ!

この3つの食材に限るということですね!

 



 

MEC食のやり方

082980 - image

ではMEC食は実際どうやるのか、やり方を説明していきたいと思います。

 

食べる量

 

1日お肉200g、卵3個、チーズ120g中心に食べること。

 

この量は目安量なので、これでは物足りない人は、それ以上食べてもOKですし、逆に多すぎる人は減らしてOK。

(著者の椎名さんは肉300g卵3~5個、チーズ120gだったそう)

 

 

食材選び

 

●基本は植物性より動物性タンパク質。

 

●肉は何でも良いですが、なるべくなら赤身の方を選ぶようにする。

 

●卵もサイズは気にしなくて良し。

 

●チーズもお好みの種類を。

 

 

調理法

 

●加熱するときに使用する油脂はラードとバター。

 

●加熱しないときは亜麻仁油とシソ油(エゴマ油)もOK。

 

●糖質を含む調味料類はなるべく控えめにする。

 

 

食べ方

 

1口入れたら箸を置き、30回ゆっくりよく噛んで食べる!



これが最も重要なポイント!

 

●お腹が空いたらチョコチョコ食べて、強い空腹感を作らなくする。

 

以上が基本ルールになります。

 

あとは糖質を含む食品は避けるわけですが、糖質はご飯やパン、麺類意外にもイモ類、野菜、調味料、果物、お酒などにも入ってるので、

これらは控えることだそうです。

 

どうしても食べたい時は量を調節して食べるとか、糖質が含まれていない野菜をチョイスして食べることだそう。

 

栄養バランス大丈夫かと心配になりますが、肉・卵・チーズ、この3つの食材に私たち人間の必要な栄養素全てが含まれているので、不健康どころか健康的に痩せることができるんだそうです。

 

 

最後に

 

私は今のご飯をしっかり食べるダイエットで合っているので、このまま続けるつもりですが、私も、そのうち実践しようかと考えています。

 

何せお肌ツルツルになるし、胸のサイズも上がったという人もいるそうなんで、

 

1度試してみる価値はありそうです^^

 

私も実際試してみました↓
 



 

しっかり肉・卵・チーズも食べてプラス運動も重要!

 

これまで述べてきた通り、食べる食品さえ選べばしっかり食べても十分ダイエット効果が期待できます。

せっかく糖質制限ができるのであれば合わせて運動するとさらに大幅なダイエットに成功できるはずです。

 
  • 運動と言ってもどのようにやればいいのか・・・やり方が分からない。
  • ウォーキング等の有酸素運動を行う時間が取れない。
  • 自分で行おうとすると三日坊主で終わってしまう。
 

そんな方には『24/7ワークアウト』がおススメです!

ではなぜ『24/7ワークアウト』がおススメかと言うと・・・

自分専属のジムトレーナーがマンツーマンで食事管理はもちろん、1時間程度の運動方法も教えてくれるからです!!

 

もちろんトレーナーが自分のためにマンツーマン指導する為、料金は決して安くはありません。

しかし、それ以上にダイエット効果は期待して下さい。

実際に当ブログライターのみほさんは「24/7ワークアウト」に2か月間通われましがビックリするほど体型が変わっていました。

 

女性は痩せるだけで、驚くほど自分に自信が持てるようになります。

みほさんの記事を読んであなたも自信に満ち溢れた自分を手に入れてみませんか?

【インタビュー】24/7ワークアウトに2ヶ月間チャレンジした結果がスゴイ!

ABOUTこの記事をかいた人

典型的な万年ダイエッターとして、過去も現在もいろいろなダイエット法を試し中。ダイエット経験と知識だけは豊富という自負あり。私が学んだダイエット知識と経験をこのブログでシェアして、それが読者の方に少しでも役に立ったら嬉しいです。