食べてすぐ寝ると太るはウソ?むしろ痩せる?!

公開日: : 最終更新日:2016/01/01 ダイエット知識



食べてすぐ寝ると太る

 

こんな言葉を聞いたことが

ありませんか?

 

私自身も長い間、この言葉を

信じて食べた後はすぐに寝ないように

気を付けていました。

 

しかしよくよく調べてみると、

なんとその逆で、

 

食べてすぐ寝ることは健康に良く、

むしろダイエット効果もあるなんて

言われているらしいのです!

 

果たしてこれは本当なのでしょうか?

 

Sponsored Link

食べてすぐ寝ると太るはウソ?むしろ痩せる?!



昔っから

食べてすぐ横になると牛になる

なんてよく聞くので、

 

食べてすぐ寝ることは

体には良くないという

 

認識があると思います。

 

しかし、これは医学的には

体に良くないどころか、

 

むしろ食べてすぐ横になることは

健康に良いとされているそうです。

 

 

その理由は、横になって体を

休ませることで、

 

食べ物の消化を助けるからだそう。

 

 

逆に食後むやみに体を動かすと、

胃腸への血流が悪くなって、

消化の妨げになってしまうとのこと。

 

ですから、食後は「食休み」ということで、

横になって寝た方が健康に良いということなんです。

 

そしてさらにもう一つが、

 

ダイエット効果があるということ。

 

 

その理由は、

ダイエットに欠かせないホルモン

の一つであるノルアドレナリン

分泌にあります。

 

 

このノルアドレナリンは新陳代謝

を促進してくれる作用があるのですが、

 

起きているときに最も

多く分泌されるという特徴があります。

 

そして食後に軽い睡眠を取ると、

このノルアドレナリンの分泌が

活発になるので、

 

代謝が上がり、ダイエット効果が

得られるということなんです。

 

 

Sponsored Link


 

 

ただし!注意しなければならないことがある!



食べてすぐ寝ることは意外にも、

健康に良い、ダイエット効果がある

 

ということが分かりました。

 

しかし、ここで注意しなければ

ならないことがあります。

 

それが寝る時間帯です。

 

上記で述べた

 

食べてすぐ寝ることは健康に良い、

ダイエット効果があるというのは、

 

 

昼食後に限ったことであり、

夕食後はNGということです。

 

 

その理由は、BMAL1(ビーマルワン)

という体内時計を調整する

たんぱく質量にあります。

 

私たち人間の体は、

このBMAL1が増えれば

増えるほど太りやすく、

 

少なくなれば少なくなるほど

痩せやすくなるようにできています。

 

そしてこのBMAL1は時間帯によって

その分泌量が変化し、

 

最も少なくなるのが、午後2時前後で

最も多くなるのが、午後10時~深夜2時頃です

 


つまり、午後2時前後が最も太りにくく、

午後10時~深夜2時頃が最も太りやすい

ということになるわけです。

 

ですから、BMAL1少ない昼食後の

睡眠で太ることはなく、

 

逆にBMAL1が増える夕食後の睡眠は

太りやすいということで、

 

食べてすぐ寝るから太るのではなく、

太る時間帯に食べるから太るという

 

ことになります。

 

関連記事↓

18時以降食べないダイエットに痩せる効果はないって本当?

 

 

 

昼食後はお腹いっぱいになって

眠くなることはよくあることですが、

 

これはむしろ寝た方がいい

ということだったわけです。

 

 

しかし、ここでもまた、

注意しなければならないのが、

 

昼食後寝るにしても、10~20分間の

軽い睡眠にしておくということです。

 

それは、30分以上寝てしまうと、

体が起きにくいレム睡眠に入ってしまい、

 

逆に目覚めが悪く、その後の活動にも

支障をきたしてしまうことになるからです。

 

 

 

ですから10~20分間の軽い睡眠に

とどめておくこと。

 

これが重要です。

 

この短い睡眠には、なんと

通常睡眠の3倍の効果があるとされており、

 

体力回復効果が非常に高いんだそうです。

 

昼食後無理に眠気を我慢するより、

軽く睡眠を取った方が、

 

頭もスッキリ、疲れも取れるので

午後の仕事の効率も上がるというわけです。

 

 

 

 

ただし何度も言うように、

 

これは昼食後だけの話で、

 

夕食後にはやってはいけません。

 

 

夜は太りやすい時間帯なうえに、

長時間の睡眠を取るので、

 

健康にもダイエットにも

最悪な時間帯です。

 

遅い時間帯にどうしても

食べなければいけないときは、

 

炭水化物などは控えめにし、

野菜や大豆食品主体の

食事を摂るようにしましょう。

 

「食の質」を変えれば、

胃腸への負担も軽減でき、

 

脂肪の蓄積もだいぶ

抑えられるようになります。

 

関連記事↓

1日7時間寝るだけで痩せる?一晩で300KCalの消費になる?

ぐっすり寝るための入浴方法!快眠はダイエット効果あり!

 

最後に

 

いかがでしたか?食後の睡眠が

まさかダイエットに良いなんて、

 

知らなかった人も多いのでは

ないでしょうか?

 

睡眠も寝るタイミング、睡眠量によって、

ダイエットの効果を上げることが

できるのです。

 

上手に利用して、痩せやすい

体を作りましょう!( ^^) _U~~

 

Sponsored Link


 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日5分のリンパマッサージでバストアップ!デコルテもキレイに!

前回に引き続き今回もリンパマッサージ法 をご紹介します。

1日5分のリンパマッサージで引き締まったヒップラインになれる!

これまでもリンパマッサージについての 記事を書いてきまし

リンパマッサージでお腹痩せ!下腹がへこむ!ウエストもくびれ!

これまでもリンパマッサージに関する 記事を書いてきました

1日10分!全身リンパマッサージダイエットでサイズダウン!

前回の記事の続きになります。今回は 基本的な全身リン

リンパマッサージはただもむだけでは効果半減?正しいやり方とは?

前回ではリンパマッサージの効果・ メリットについて書きま

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ