りんごダイエットの本当の効果は痩せるためじゃなくてデトックス?

公開日: : 最終更新日:2016/01/26 食べるダイエット



リンゴダイエットって、今は

あまり聞きませんが、一昔前に

流行りましたよね。

 

しかし、りんごばかり

食べ続けると、栄養が偏って危険

ということで、「単品ダイエット」

はあまりおすすめされないダイエットに

なりました。

 

ただ、リンゴそのものは、

ダイエットしたい人には

強い味方なんです^^

 

今回はその理由について

詳しく説明していきたいと思います。

 

Sponsored Link


 

りんごダイエットが危険と言われる理由

 

まず、一時はブームになったわけですから、

 

痩せる効果はあるようです。

 

ある20代前半の一人の女性の例を出しますと、

 

毎日3食りんごと、飲み物はお茶か水で、

 

1ヶ月で-13㌔痩せたそうです。

 

 

しかし、常に体はフラフラで、

 

痩せたというより、やつれたという見た目だったそう・・・。

 

 

もちろん、これはやりすぎですが、

 

問題はリンゴダイエットを止めた後です。

 

 

やめたら徐々に元の体重に戻っていったそう・・・。

 

 

全部戻ったというわけではありませんが

 

 

半分以上は戻ってしまったとのこと。

 

結局普通の食事に戻せば、ある程度は戻ってしまうんです。

 

 

それは、リンゴだけ食べるので、極端に摂取カロリーを

抑えて痩せたからなんです。

 

りんご1個のカロリーは100~150カロリー

 

ボリュームがあるわりに低カロリー。

 

 

1食につき2個、1日合計6個食べたとしても

 

600~900カロリーにしかなりません。

 

 

しかも1個食べれば満腹になりやすいので、

 

実際はもっと少ない量しか

食べれないという人もいるでしょう。

 

 

そうなるとますます摂取カロリーは減っていき、

 

当然その分体重もどんどん減っていきます。

 

ただ、こんなリンゴだけ食べ続けるダイエットを

 

一生続けられる人はいませんから、

 

目標体重まで達したら、

 

あとは通常食に戻すのが普通ですよね。

 

普通の食事に戻せば摂取カロリーも増え、

 

また体重は戻るのです。

 

 

ですから、りんごダイエットというのは

 

栄養不足の危険とともに

 

リバウンドしてしまう危険性が

 

高いダイエットなんです。

 

りんごって実はすごい効果がある?


じゃあ、りんごダイエットなんてだめじゃん!

 

となってしまいますが、

 

りんごそのものはダイエットには

 

強い味方なんです^^

 

え、言ってること矛盾してない?

となりそうなので、

 

もっと具体的に言います

 

りんごは痩せるためじゃなくて、

デトックスのためには最適な食材

なんです(*^-^*)

 

実はりんごには体に良いとされる

栄養素が豊富に詰まっています。

 

食物繊維

ペクチンやセルロースといった

食物繊維が豊富に入っています。

 

食物繊維は食べると腸の動きが

活発になり、便秘が解消されます。

 

また、皮にはペクチンが多く含まれていて、

このペクチンには

・コレステロール値を下げる効果

・血糖値の上昇を抑える効果

・疲労回復効果

などがあります。

 

カリウム

塩分を多くとりすぎると、

体がむくみやすくなり、

高血圧になったりします。

 

そんな摂りすぎた余分な塩分を

排出してくれるのがカリウムという成分。

りんごにはこのカリウムが

多く含まれているのです。

 

ポリフェノール

ポリフェノールとは、強力な

抗酸化作用を持つ栄養素のことです。

 

抗酸化作用とは、簡単に言うと、

体の機能の低下を食い止めたり

改善したりする作用のこと。

 

人の体は生きてくうえで様々な

有害なダメージを受けます。

 

紫外線によってシミ、シワが増えたり、

タバコの吸いすぎ、お酒の飲みすぎで

肺がんや肝臓がんになったり、

 

その他食生活の乱れや、

仕事のストレスなど、

様々なダメージを受け、

体の機能はどんどん低下していきます。

 

それらを食い止めるためには

抗酸化作用を持つ成分を

体内に取り入れることです。

 

ポリフェノールにはこの抗酸化作用が

強力に含まれていて

・老化防止効果

・生活習慣病予防・改善効果

・更年期障害改善効果

・血流改善効果

・肝臓機能を高める効果

などがあります。

 

 

Sponsored Link


 

りんごダイエットの本当の効果は痩せるためじゃなくてデトックス?

 

さて、りんごの中にはすごい体に良い

栄養素がたくさん詰まっていることが分かりました。

 

でも痩せるためにはあまりおすすめできません。

 

その理由は栄養面での危険性と

 例え痩せてもリバウンドの危険が

高いということがあるからです。

 

ですから「リンゴダイエットで

ー10~20㌔痩せよう!

ってのは無理な話なんです。

 

しかし、デトックスのためなら有効です。

 

デトックスとは体に溜まった

 

老廃物を外に出すことです。

 

例えば、飲み会などがあったりして、

 

飲みすぎ、食べ過ぎで、体が

重い気がする

なんてことありますよね。

 

これをそのままほっとくと、

しっかり脂肪として蓄えられてしまいます。

 

実は脂肪は早い段階ほど落ちやすく、

時間が経つと落ちにくくなる性質があります。

 

つまり太ったときがやせどきなわけです。

 

とはいえ、食べた後に

いきなり運動して脂肪燃焼とかではなく・・・

 

食べ過ぎてしまったときは内臓を休めて

 排出と浄化を促すことが大切です。

 

そのためにはりんごを食べることが有効なんです。

 

りんごは上記であげた栄養素の他に、

 

酵素や水分もたっぷり含まれているので、

 

消化吸収が良く胃腸に負担が少ない、

 

体にやさしい食材なんですね^^

 

よく病気のときにりんごをむいて食べたりしますが、

 

これも体力の落ちている病気の状態でも

 

負担をかけずに栄養と水分を摂れる

 

りんごの特質を考えての知恵なんです。

 

 

 

 

 

 

 

りんごデトックスのやり方

 

期間は2日間。お腹がすいたら

とにかくりんごを食べます。

 

ちなみに、人の体は48時間固形物を摂らないと、

胃腸などの内臓は排出モードに替わるため

リンゴのフレッシュジュースなら

より理想的です。



ただし、それ以上の期間は

やはり栄養の面で危険を伴うので、

やる期間は2日間を守りましょう。

 

このりんごデトックスをやることにより、

 

脂肪が蓄積されるのを防ぐことができます。

 

つまりダイエットの強い味方なんです^^

 

 

また、朝食だけ、夕食だけを

りんごにするという方法もあります。

 

長期間は危険ですので、1週間くらい

目安の方がいいと思います。

 

これもあくまでデトックス目的で、

「ちょっと食べすぎたから調節したい」

というときに実践してください。

 

あとは甘いお菓子の代わりに

りんごを食べるというのもいいと思います。

 

砂糖や脂質が多く含まれるお菓子を

おやつに食べるより、

 

りんごを食べた方が体にも美容にもよく、

満腹感も得やすいですからね^^

 

是非みなさんお試しください(*^-^*)

 

 

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s
2週間で腹周り-8cmにした2つの食材&エクササイズ法!

短期間でウエストを細くしたい、 それも楽に...ダイエッ

137068
女性は炭水化物抜きダイエットは痩せにくい?その理由とは?

炭水化物抜きダイエットは ダイエットの中でもメジャー

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba
チーズで血糖値が下がる?便秘解消・ガン予防にも?

身近な食材が健康に大きく 貢献してくれることがあり

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s
2週間でウエスト―20.5cm?!驚きのエクササイズ法とは?

ウエストを細くしたり、 くびれを作りたい。 &nb

oi
オチョダイエットの効果がすごい!2週間でウエスト-15cm?

腰を動かすダイエットはたくさん ありますよね。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ