ふくらはぎを温めるだけで痩せる!むくみ解消・代謝もアップ!

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 下半身ダイエット



みなさん、体の中で1番冷えやすい

ところはどこだと思いますか?

 

 

実は意外なことに、

1番冷えやすいのは

ふくらはぎなんだそうですよ。

 

ですから、ふくらはぎは

冷やさないように

注意することが大事なんです。

 

きちんと温めてあげれば、

ダイエット効果もあるとのこと

ですが・・・果たして?

 

Sponsored Link

ふくらはぎが冷えると不調が出る?



30万人を超える患者さんを

診てきたという、

 

接骨院医師の関博和先生

によれば、

 

体に不調がある人は例外なく、

ふくらはぎが冷えている

とのことだそう。

 

これは女性だけではなく

男性にも言えることで、

 

ふくらはぎが冷えていると、

腰痛、肩こり、冷え、むくみ、

不眠や頻尿、肌荒れなど、

 

様々な体の不調が出てくるそうです。

 

そもそも何でふくらはぎが1番

冷えやすいのかと言うと、

 

太もものように、筋肉が多く

よく動かすところは

 

熱が生産され温まりやすいのですが、

 

筋肉量が少なく、意識しなければ

あまり動かさないふくらはぎは、

 

熱が生産されにくく冷えやすいとのこと。

 

そしてこのふくらはぎは

 

足にとどこおった血液を

心臓に押し戻すポンプの

働きをしているのですが、

 

ふくらはぎが冷えると

筋肉も血管も固くなり、

収縮してしまい、

 

ポンプの働きが低下します。

 

そうするとふくらはぎだけでなく、

全身の血液の流れが悪くなり、

 

冷えや様々な体の不調を

引き起こすとのことです。

 

 

 

ふくらはぎを温めるだけで痩せる!むくみ解消・代謝もアップ!

 

冷えやむくみ、腰痛やひざ痛のある人は

 

ふくらはぎの冷えが

原因の可能性が高いので、

 

まずはふくらはぎを温めることが

大事です。

 

ふくらはぎは冷えやすい

ところですが、

 

実は逆を言えば、温めやすい

ところでもあります。

 

それは重力の関係で全身の血液の7割は

下半身に集まっているからです。

 

この7割の血液を温めれば、

温かい血液が全身を巡って

 

体を効率的に温めることが

できるのです。

 

 

そしてこのふくらはぎを

温めることは痩せることにも

つながります。

 

 

ふくらはぎは全身の血液を

循環させるためのポンプの

役割をしているわけですから、

 

ふくらはぎを温めることで

ポンプの機能が活発になれば、

全身の血液の循環が良くなります。

 

血液の流れが良くなる

ということは、代謝が上がり、

 

体内の老廃物や脂肪も排出されやすく

なるので、痩せやすくなるというわけです。

 

合わせて読みたい記事↓

肝臓をあたためるとデトックス効果あり!糖や脂肪をスッキリ排出!

 

Sponsored Link


 

ふくらはぎを温めたらこんな効果が!

 

ではふくらはぎを温めて、

本当に効果があるのか?

 

接骨院で14名の患者さんに協力してもらい、

専用の機械を使って、約10~15分間

ふくらはぎを温めた結果、

 

14名全ての患者さんの体温が

平均で0.5度、最高で1.7度も

上がったということです。

 

これはただ単に体温だけが

上がっただけでなく、

基礎代謝も上がっていることになります。

 

体温が1度上がると、基礎代謝が

12%も上がるそうで、

 

代謝が上がるということは

 

食べても太りにくく、

エネルギーを消費しやすい

痩せ体質になるということです。

 

 

その証拠に、このふくらはぎ温めを

定期的に続けた女性は、

 

半年で体重が9kgも減ったとのことです。

 

その他、むくみや冷えも軽減し、

お腹や足もすっきりしたとのこと。

 

 

代謝が低くて痩せにくい、

むくみ、冷えに悩んでいる、

という人は、

 

もしかしたらふくらはぎの冷えが

原因かもしれません。

 

 

ですから、まずふくらはぎを温める

ことを実践してみましょう。

 

その詳しいやり方を

次で説明いたします^^

 

 

 

ふくらはぎを温めるやり方


①サポーターで温める

 

ひざ下からくるぶしまで覆う

サポーターやレッグウォーマーで

ふくらはぎを温めます。

 

★サポーターやレッグウォーマーは

密着性があり、かつ締め付け感のないものを

選びましょう(締め付け感のあるものは逆に

血行が悪くなるのでNG)

 

★入浴時以外、寝る時も1日中

つけておきましょう。

 

 

 

②カイロでツボを温める

 

ふくらはぎにある三陰交(さんいんこう)

懸鐘(けんしょう)という2つのツボに

 

小さいサイズの使い捨てカイロを

靴下の上から貼ります。

 

カイロズレ防止のためにカイロを

貼った上から、

 

サポーターやレッグウォーマーを

重ね履きするとなお良いでしょう。

 

 

★三陰交・・・内くるぶし(親指側)

から指幅4本分上の位置。



冷えやむくみ、月経障害、更年期症状

といった婦人科の不調に効くツボ

 

 

 

★懸鐘・・・外くるぶし(小指側)

から指幅4本分上の位置。


 

脳や血液に関係のあるツボで、

高血圧に効果があります。

 

 

 

 

 

③腰湯で温める

 

浴槽に熱めのお湯(42℃くらい)を張り、

浴槽の中に小さなふろいすなどを置きます。

 

1.10~15分間、腰まで

ゆっくりと浸かります。

 

★肩が冷えてしまうときは

タオルなどをかけて上半身を

冷やさないようにしましょう。

 

2.腰湯の後は、肩までしっかり

1~2分お湯に浸かってから出ましょう。

 

関連記事↓

お風呂ダイエットで痩せる効果的な入浴方法とは?

お風呂ダイエットで痩せる理由とお風呂の基本ルールとは?

 

 

 

いかがでしたか?

 

ふくらはぎを温めで効率的に代謝アップし、

痩せやすい体を目指しましょう!(^^)!

 

その他関連記事↓

下半身むくみ解消に即効効くマッサージ法!3日で太もも―4センチ?

簡単!足のむくみ解消法&むくみをとる食べ

 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1日500mlの炭酸水+酢で下腹が凹む?体脂肪が減る?

今回は暑い夏にぴったりな ダイエットドリンクをご紹

夏の無理なダイエットは熱中症・夏バテの原因になる?

全国的に30度以上をこす真夏 日が続いていますね。

こんな生活してると○○が不足して肥満になりやすいことがわかった!

「痩せたいのになかなか 痩せられない」  

正しい水の飲み方!1日1.5ℓの水で痩せ体質に!便秘や冷え改善にも!

まだ梅雨明けはしてないので、 まだまだ肌寒い日があったり

ロングブレスピロピロでお腹痩せ?本当に効くの?口コミまとめ!

今回はネットで売っているダイエット商品 「ロングブレスピ

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ