血糖値を下げる食べ物と飲み物を最初に食べれば太りにくい?

公開日: : 最終更新日:2017/08/01 食べるダイエット



今やすっかり定番となった

糖質制限ダイエット。

 

相変わらず太りやすい

糖質はダイエッターの

嫌われものですが、

 

無理に我慢しなくても

食べる順番を変えることで

解決できるのです^^

 

今回はその方法について

詳しく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

太る仕組みは血糖値にあり!



みなさん、炭水化物や甘いものが

なぜ太りやすいかをご存知ですか?

 

それは、これらの食べ物の中に、

糖質がたくさん含まれているからです。

 

 

 

では、糖質がたくさん含まれている

食べ物がなぜ太りやすいのかというと、

 

血糖値を上昇させやすいからです。

適量の糖質なら問題ありませんが、

 

多量に摂ると、血糖値が急上昇します。

 

 

血糖値が急上昇すると、

インスリンという肥満

ホルモンが分泌され、

 

このホルモンが大量に

分泌されればされるほど、

体内に脂肪として蓄積していきます。

 

これが太る仕組み。

 

 

 

ですから、糖質はなるべく、

控えた方が、

 

血糖値の上昇を防げるので

痩せやすくなるんですが、

 

糖質が含まれている

炭水化物を制限するのって

とても辛いですよね。

 

 

特に著者はお米大好きなので、

無理に我慢するのは

かえってストレスが溜まり

 

糖質制限ダイエットは

向いていません。

 

(糖質関連記事はこちら↓

女性は炭水化物抜きダイエットは痩せにくい?その理由とは?

極端な炭水化物抜きダイエットは死亡率が上がるってホント?

糖質制限ダイエットで逆に太った!この原因とは?

糖質制限ダイエットの正しい方法!効果的なのに楽に痩せる理由とは?

炭水化物抜きダイエットのデメリットとは?効果的なのは夜?

 お米は一日の摂取量を守れば太らない?自分に合った適量を知ろう!

お米食べるダイエットで2週間でー4㎏も痩せる?その理由とは?

お米を1日2合食べて10日でウエストー5㎝?その方法とは?

炭水化物の量を減らしても満腹感を得られる方法とは?

白米よりもチャーハンの方が太りにくいってホント?

 

では糖質制限せずに痩せるには

どうすればいいのか?

 

 

血糖値を下げる食べ物と飲み物を最初に食べれば太りにくい?



それは食べる順番を変える!

これだけです。

 

食べ順爆発ダイエットなんか

ちょっと前に流行りましたが、

 

あそこまで徹底する必要はなく、

 

簡単な話、血糖値を下げる食べ物と

飲み物を先に食べる。

 

たったこれだけです。

 

 

面倒なカロリー計算もいらず、

炭水化物もお肉も普通に

食べてOKなので、

 

ストレスフリーなダイエット法です。

 

 

 

 

では、血糖値を下げる食べ物と

飲み物とはどんなものか?

 

 

GI値で表すと以下の通りになり、

GI値60以下のものが血糖値を

上げにくいのでおすすめ。

 

※GI値とは食後血糖の上昇度を

示す指標のことで、

食品が体内で糖に変わり

血糖値が上昇するスピードを

計ったものです。

 

 

高GI値食品

上白糖      109

フランスパン   93

チョコレート   91

食パン      91

じゃがいも    90

キャラメル    86

精白米      84

ジャム      82

ケーキ      82

うどん      80

せんべい     80

ニンジン     80

山芋       75

トウモロコシ   70

パスタ      65

パイナップル   65

カボチャ     65

 

 

 

低GI値

 

サツマイモ    55

玄米       55

そば       54

肉        47

豆腐       42

魚        40

グレープフルーツ 31

卵        30

トマト      30

いちご      29

春雨       26

ピーマン     26

きのこ      25

こんにゃく    24

わかめ      16

ホウレン草    15

 

 

 

飲み物では
日本茶     10

紅茶(無糖)   10

コーヒー(無糖) 16

豆乳      23

牛乳      25

 

 

(関連記事↓

豆乳ダイエットのデメリット!生理不順・生理痛の原因に?

豆乳ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い!成功するための秘訣は?

ヨーグルトや牛乳はダイエットには逆効果?便秘や下痢の原因に?

 

 

 

 

基本的には野菜や果物が

糖質は少なめですが、

 

果物ではパイナップル、

野菜ではイモ類、トウモロコシ、

ニンジン、カボチャなどが

 

意外と糖質が含まれているので

注意するようにしたいものです。

 

 

 

 

ただ、とはいえ、GI値が低いもの

ばかり食べるのは

 

栄養バランスが崩れるので、

高GI食品も適度に摂ることは

必要です。

 

 

炭水化物を摂る場合は

そばや玄米に変えるなど

工夫してみましょう。

 

 

また、飲み物に関しては、

お茶やコーヒーが特におすすめ。





お茶やコーヒーにはカフェインや

ポリフェノールが含まれていて、

 

これらは糖の吸収を緩やかにする

効果があり、

 

食前に飲めば、

血糖値の上昇を抑えてくれます。

 

 

 

(関連記事↓

緑茶・紅茶・コーヒーで痩せる飲み方!下腹ー6cmも可能?

ダイエット・美容効果のあるお茶まとめ!

コーヒーはダイエット・健康効果あり?正しい飲み方や量は?

 

 

Sponsored Link


 

 

食べる順番は汁物・野菜が最初!これだけ!




さて、上記で細かく血糖値を下げる

食べ物と飲み物について

説明しましたが、

 

難しく考える必要はなく、

あくまで目安として

 

意識しておく程度で構いません。

 

いちいち低GI値の食品を選んで

メニューを考えたり、

 

高GI値の食品を控えたりなど、

これではかえってストレスが溜まるので、

 

 

食事のときは汁物・野菜から

最初に食べる!

 

これだけでOK!

 

 

 

 

汁物は体を温め、代謝もアップしてくれます。

さらには、海藻や野菜も入れると、

血糖値を抑える効果がアップ!

 

野菜は歯ごたえがあるので、

噛んだ刺激が満腹中枢に作用し、

 

野菜に含まれる食物繊維は

消化されにくく消化器官内を

ゆっくり進むので、

 

満腹感を得やすくなります。

 

(噛むことはダイエットに◎↓

ガムを噛みながらウォーキングするとダイエット効果がアップ?

ゆっくり食べるだけで体脂肪が減る!顔のたるみも解消する!

噛むダイエット成功口コミ!半年で‐10キロ痩せた人も!

串イカを食べて1年で-42キロ減?その理由とは?

 

 

 

 

 

ただ、

最も正しい順番をあげると、

 

①汁物②野菜③肉や魚④ご飯や麺

になりますが、

 

肉や魚をおかずにご飯を

食べることが

美味しいという人は多いはず。

 

そこを無理に順番を守ろうとすると、

返ってストレスになるので、

 

難しいと感じる人は、

おかずとご飯を一緒に食べてOK!

 

 

 

 

 

この方法で食べることで、

炭水化物や脂質の過剰摂取を

自然と抑えることができ、

 

結果食事量を無理して

減らさなくても

 

痩せやすくなるというわけです。

 

今まで一番最初にご飯やおかずに

がっついて食べていたという人は、

 

これからはご飯やおかずを最後に

食べるようにしてみましょう。

 

これだけで痩せることができますよ(*^-^*)

 

この記事を読んだ人はこちらもおすすめ↓

太らない食べ合わせダイエットの方法!ご飯大盛りでもOK?

ダイエット中におすすめの間食は?太らない食べ方のコツとは?

食べ過ぎ防止!低カロリーで満腹になる5つの食材はコレ!

ダイエット中でもおすすめ!200カロリー以内のおやつ!

ダイエットに良い食べ物とは?低カロリーなものより質が大事!

チーズで血糖値が下がる?便秘解消・ガン予防にも?

夜遅くに食べても太りにくい食べ物はコレ!

21時以降でも太らないおすすめ夜食レシピ!

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダイエット1ヶ月目でー5.8キロ!これほど痩せた理由とは?

現在記事を書いている、ちょうど今日(9月 21日)でダイ

糖質制限したら体重の減り方が半端なく早い件・・。

何度もこのブログで書いていますが、私は パンよりも麺より

食べ過ぎても食べなさ過ぎてもお腹が空くという事実。

前回、家族で海に行ったことをきっかけに ダイエット再開し

MEC食で使える調味料を調べてみた!

前回に引き続き今回もMEC食記事です。  

MEC食で下痢や便秘に?合う人合わない人がいるってホント?

最近、ぼちぼちダイエットをスタートし 始めましたが、しょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑
みんなのFX口コミ